<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、PR・広告・商品プロモーションが含まれている場合があります。
PR
ユニバース倶楽部

目の充血の原因と対策に効果的な目に良いサプリメントの選び方! | ブルーベリーサプリメント比較ランキング

記事内に広告が含まれています。

目の充血の原因と対策に効果的な目に良いサプリメントの選び方!このページは、「目の充血の原因と対策に効果的な目に良いサプリメントの選び方!」について、わかりやすく解説していきますので、参考にしてもらうためにお伝えしていきます。

目の充血は、ほとんどの人が体験したことのある症状です。

基本的に目の充血は、目に負担をかけずにそのままに休めていれば治ります。

しかし、目の充血がいつまでも引かない場合や、頻繁に目が充血してしまう場合は、目にダメージを与えやすい生活を送っている可能性があります。

では、「目の充血の原因と対策に効果的な目に良いサプリメントの選び方!」について詳しく解説していきます。

ユニバース倶楽部

1.目の充血の4つの原因

何気ない日々の生活習慣が積み重なることで、目の充血につながっていることがあります。

目の充血には、主に4つの原因があります。

では、目の充血の4つの原因について紹介して行きます。

「自分にも該当する原因がないか?」を確認しながら見ていくと良いでしょう。

■目の充血の4つの原因
(1)まばたきの回数が少なくてドライアイ(目の乾き)になっている
(2)乾燥した空気が涙の蒸発を早めている
(3)ストレス
(4)コンタクトレンズの使用

(1)まばたきの回数が少なくてドライアイ(目の乾き)になっている

スマートフォン(スマホ)でゲームやSNS(Facebook・Insatagram・Twitterなど)やチャットアプリを長い時間使ってたり、パソコン(PC)での仕事の業務が多かったり、読書をすることが多い人は、目が疲れやすくなります。

スマートフォン(スマホ)やパソコン(PC)、読書を日々行なっている人は、まばたきの回数が少なくなる傾向があります。

特に、スマートフォン(スマホ)やパソコン(PC)から発せられるブルーライトの画面を長時間見ていると、まばたきが少なくなってドライアイの症状が加速してしまい、さらに若年層に増えているスマホ老眼につながります。

まばたきは、まばたきをする度に眼球を涙の膜で覆い、水分の蒸発を防ぐ役割があります。

しかし、まばたきの回数が減ってしまうことで、正常に機能しないと、ドライアイの症状が進行してまうことになります。

ドライアイが進行すると、水分で保護されなくなるので、目が刺激を受けやすくなり、目の充血の原因につながります。

(2)乾燥した空気が涙の蒸発を早めている

室内(部屋)が乾燥していても目の充血につながります。

乾燥した空気によって、涙の蒸発が早まってしまい、目が乾燥してしまいます。

乾燥というと秋から冬場のイメージが強いと思いますが、実は夏場でもクーラーをかけている室内(部屋)は乾燥しやすいので注意が必要です。

(3)ストレス

ストレスによって目が充血することがあります。

辛いことや悩んでいることで考え込んでしまうと、悩み事に集中している状態になるので、まばたきの回数が少なくなり、目が乾きやすくなるからです。

(4)コンタクトレンズの使用

コンタクトレンズを使用している人は、目が乾燥しやすくなります。

コンタクトレンズによって、ドライアイを引き起こしてしまう人も多くいます。

そして、ドライアイは充血の原因の一つです。

また、コンタクトレンズは、管理が大変なので、つい雑な扱いをしてしまうこともあるので注意が必要です。

■コンタクトレンズのダメな管理方法
・化粧品や汚れが付着した手でコンタクトレンズを触っている。
・しっかりコンタクトレンズを洗えていない。
・コンタクトレンズの交換時期を超過して使用している。
・コンタクトレンズを付けたまま寝ている。

一つ一つは、小さいなことのように思えても、コンタクトレンズの間違った使い方を積み重ねていると、眼病の原因につながる場合があります。

そして、眼病によって充血が引き起こされることもあります。

2.目の充血の4つの対策

目の充血の4つの原因を確認してみて、複数の原因が該当してしまった人もいるのではないでしょうか?

目の充血の原因を把握した上で、目の充血への4つの対策方法を知っておくことが大切です。

簡単ですぐに実践できる対策方法なので、試してみると良いでしょう。

■目の充血の4つの対策
(1)なるべくスマートフォン(スマホ)やパソコン(PC)の使用を控える
(2)目のストレッチ(目トレッチ)やマッサージをする
(3)意識してまばたきの回数を増やす
(4)温めたタオルやホットアイマスクで目の血行を改善する

(1)なるべくスマートフォン(スマホ)やパソコン(PC)の使用を控える

スマートフォン(スマホ)やパソコン(PC)の画面から発せられるブルーライトは、目の乾燥を引き起こします。

また、長時間の使用によって目を酷使しています。

スマートフォン(スマホ)やパソコン(PC)の使用をできるだけ控えたり、短い時間にとどめるような工夫をすることが大切です。

特に、最近ではブルーライトカットするメガネが販売されています。

ブルーライトカットのメガネをかけるようにして、スマートフォン(スマホ)やパソコン(PC)から発せられるブルーライト予防につながるので、だいぶ目への負担を和らげることができます。

できだけ目を疲れさせないように努力することも必要です。

>>>関連記事「スマートフォン(スマホ)老眼の原因と対策とは?効果的な目のリフレッシュ方法!」

(2)目のストレッチ(目トレッチ)やマッサージをする

スマートフォン(スマホ)やパソコン(PC)などを見るときには、定期的に目を休ませながらストレッチを行うと良いでしょう。

1時間画面を見たら、10分程度リフレッシュする「目のストレッチ(目トレッチ)」を行うと疲れが残りにくくなります。

スマートフォン(スマホ)やパソコン(PC)の画面を見続けていると、目のピント調整を行う筋肉が固まってしまいます。

そこで、「まぶたをギュッと閉じてパッと大きく開く」「目をゆっくりと上下左右に動かす」「円を描くように回す」「意識的にまばたきを増やす」「左右交互にウインクする」といった目の動きで固まった筋肉をほぐすようにしましょう。

目のストレッチ(目トレッチ)で注意したいことは、頭を動かさずに目だけを動かすようにすることです。

また、窓の外の空や公園の緑と手元の文字など、遠くのものと近くのものを交互に見るのも良いでしょう。

目を動かすだけではなくマッサージやストレッチも効果的です。

「まぶたを閉じた状態で目頭から目じりに向かって優しくプッシュする」「こめかみをマッサージする」「首を動かす」「肩を回す」「腰を伸ばす」などのマッサージやストレッチが血行を促進させて、目の疲労回復に繋がります。

自分に合った「目のストレッチ(目トレッチ)」を見つけて、リフレッシュを心がけることが大切になります。

目のストレッチ(目トレッチ)やマッサージをすることで、目の疲れが緩和されて、目の涙の分泌を促進することもできます。

目の涙の分泌が促進されると、目の乾燥予防になって、目の充血を対策することにも繋がります。

(3)意識してまばたきの回数を増やす

まばたきには、まばたきをする度に涙で目を覆い、目の乾燥を防ぐ役割があります。

目の乾燥による充血を起こしている人は、まばたきの回数が少ない傾向があります。

そのため、できるだけ意識してまばたきの回数を増やすということが大事になります。

まばたきの回数を多くすることによって、常に目を涙で覆い、乾燥を予防して充血を防ぐことができます。

コンタクトレンズを使用している人は、まばたきの回数を増やすと同時に、防腐剤不使用のコンタクトレンズ専用の目薬(点眼薬・点眼液)を使用することで、さらに効果的です。

なるべくこまめに目薬(点眼薬・点眼液)を使用して、目に潤いを保つようにすると充血の改善に効果があります。

(4)温めたタオルやホットアイマスクで目の血行を改善する

「目が疲れたなぁ」と感じるときには、目の周りを温めることが効果的です。

体温よりも少し高い38℃〜40℃くらいに温めた蒸しタオルで10分程度目の周りを温めることで、血行が促進されて目の疲労回復につながります。

蒸しタオルの作り方はとても簡単で、水で濡らしてよく絞ったタオルを電子レンジで温める(700Wなら30秒、500Wなら50秒)だけです。

また、電子レンジのニオイが気になる方は、ビニール袋に入れてから温めると良いでしょう。

ただし、高温になっていることもあるので、いきなり目に当てずに温度を確認しながら目の上に乗せましょう。

今では、手頃な価格の使い捨てホットアイマスクや美容効果をうたった家電メーカーのホットアイマスクなどもラインナップしています。

特に、女性にとっては目元のクマの解消や美肌などの美容面でも注目が高まっています。

「目が疲れた!」と感じる夜には、蒸しタオルやホットアイマスクで目の周りを温めて、翌朝スッキリを目指すことができます。

一方、目が充血している時には、炎症を起こしているので目の周りを冷やすのが効果的です。

また、目がショボショボする時には、温めるのと冷やすのを交互に行うと良いでしょう。

疲れ具合に合わせて、目の周りの血行ケアを心がけることが大切になります。

3.目の充血を予防する効果的なサプリメントの選び方

サプリメント

目の充血は、目や目の周りの筋肉の疲れによって起こります。

目の充血を和らげるサプリメントを活用することで、体の内側から改善することにつながります。

目の疲労を和らげる成分には、マキベリーやβ-カロテン、ビタミンB群になります。

ビタミンB群の中でも、ビタミンB1は目の疲れをとる効果があり、ビタミンB2は目の毛細血管を正常化する効果があります。

また、目の血行を改善する成分には、DHAやEPA、ビタミンEになります。

DHAやEPAは、涙の蒸発を防いでくれる効果があるので、特に仕事でパソコン(PC)で作業時間が長い人やスマートフォン(スマホ)を見る機会が多い人には、すごくオススメです。

目の充血を予防・改善に良い成分と該当する成分をまとめると、下記の表になります。

■目の充血を予防・改善に良い成分と該当する成分

目の充血に良い成分該当する成分
目の疲労を和らげる成分マキベリー、β-カロテン、ビタミンB群
目の血行を改善する成分DHA、EPA、ビタミンE

4.安全規格を取得しているサプリメントを選び方

毎日サプリメントを摂取し続けるためにも、安全性がしっかり守られているサプリメントを選ぶことが大切になります。

衛生管理や安全管理がしっかりしていない会社のサプリメントを摂取したくありませんよね。

安全のお墨付きがあるサプリメントを確認するには、3つの安全基準があります。

■3つの安全基準
(1)有機JAS認証
(2)GMP基準
(3)HACCP(ハサップ)

(1)有機JAS認証

有機JASマークは、農薬や化学肥料などの化学物質を使用していないので、自然界の力で生産された食品にのみ付けられます。

有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを登録認定機関が検査して、認定された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。

(2)GMP基準

医薬品の製造には、適正・製造規範の略で「GMP(Good Manufacturing Practice)」という制度があります。

原材料の受け入れ・製造・出荷のすべての家庭において、製品が「安全」で「一定の品質」が保たれるようにするための製造工程管理基準のことになります。

(3)HACCP(ハサップ)

HACCPとは、食品の中に潜む危害要因を科学的に分析し、危害要因が除去、あるいは安全な範囲まで低減できる工程を常時管理して記録することになります。

継続的に安全確認をおこなう安全管理手法で極めて高い安全性を確保している証になります。

5.「目の充血の原因と対策に効果的な目に良いサプリメントの選び方!」まとめ

まとめ

「目の充血の原因と対策に効果的な目に良いサプリメントの選び方!」について解説してきました。

最後におさらいとして、「目の充血の原因と対策に効果的な目に良いサプリメントの選び方!」に要点をまとめてみます。

■目の充血の4つの原因
(1)まばたきの回数が少なくてドライアイ(目の乾き)になっている
(2)乾燥した空気が涙の蒸発を早めている
(3)ストレス
(4)コンタクトレンズの使用
■コンタクトレンズのダメな管理方法
・化粧品や汚れが付着した手でコンタクトレンズを触っている。
・しっかりコンタクトレンズを洗えていない。
・コンタクトレンズの交換時期を超過して使用している。
・コンタクトレンズを付けたまま寝ている。
■目の充血の4つの対策
(1)なるべくスマートフォン(スマホ)やパソコン(PC)の使用を控える
(2)目のストレッチ(目トレッチ)やマッサージをする
(3)意識してまばたきの回数を増やす
(4)温めたタオルやホットアイマスクで目の血行を改善する
■目の充血を予防・改善に良い成分と該当する成分

目の充血に良い成分該当する成分
目の疲労を和らげる成分マキベリー、β-カロテン、ビタミンB群
目の血行を改善する成分DHA、EPA、ビタミンE

■3つの安全基準
(1)有機JAS認証
(2)GMP基準
(3)HACCP(ハサップ)

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント