ユニバース倶楽部

目の健康に効果的なビタミンAを徹底解説! | ビタミンA効果効能解説まとめ

目の健康に効果的なビタミンAを徹底解説!

このページは、「目の健康に効果的なビタミンAを徹底解説!」について、わかりやすく解説していきますので、参考にしてもらうためにお伝えしていきます。

ビタミンAは、夜盲症(やもうしょう)の予防や疲れ目から現れる目の症状の軽減、角膜の健康を守るといった目の健康を維持する効果があります。

ビタミンAは、特に暗い場所で視力が低下してしまう夜盲症(やもうしょう)に効果があるので、夜盲症を防ぐためにもビタミンAを摂取することが重要になります。

では、「目の健康に効果的なビタミンAを徹底解説!」について詳しく解説していきます。

ユニバース倶楽部

1.そもそもビタミンAとは?

ビタミンA

ビタミンAとは、脂溶性ビタミンの一つで、鶏レバー・うなぎ・苺(イチゴ)や、緑黄色野菜であるニンジン・ブロッコリー・ほうれん草・かぼちゃなどに多く含まれるビタミンです。

ビタミンAは、皮膚・目の角膜・粘膜・口・鼻・のど・胃腸・気管支・膀胱・子宮などを覆う粘膜の新陳代謝を促して、健康な状態を保つ働きがあります。

ビタミンAが不足してしまうと、私たちの体内の粘膜の新陳代謝が上手く機能しなくなり、老化によってそれぞれの機能低下につながっていきます。

2.ビタミンAの目の健康効果とは?

ビタミンAの目の健康効果には、主に4つがあります。

■ビタミンAの目の健康効果
(1)夜盲症(やもうしょう)の予防
(2)目の疲れによる症状を解消
(3)目の角膜を守る役割
(4)強い抗酸化作用により老化を防ぐ

(1)夜盲症(やもうしょう)の予防

ビタミンAは、目の網膜にあるロドプシンという色素の主成分です。

ロドプシンは、目から入ってくる光を感じ取る重要な役割を果たしていて、ロドプシンが不足すると暗い場所での視力が低下してしまいます。

特に、明るい場所から暗い場所に移動したときに、目が暗さに慣れるまでに時間がかかってしまう夜盲症(やもうしょう)は、ビタミンAの不足によって引き起こされます。

そのため、ビタミンAを摂取することで、夜盲症を予防したり、夜間時の視力の低下を予防することにつながります。

(2)目の疲れによる症状を解消

ビタミンAは、目の網膜にあるロドプシンの主成分であるので、ロドプシンの再合成には欠かせない栄養素です。

ロドプシンは、目から入ってくる光を受け取り分解されることで、脳に電気信号を送り視覚という感覚を伝える役割を果たしています。

そして、分解されたロドプシンは、瞬時に再合成されて、再び光を感じ取り分解し脳に視覚情報を送るということを絶えず繰り返しています。

しかし、目を酷使していると、ロドプシンの再合成が間に合わなくなり、目から入ってくる情報を上手く脳に送ることが出来なくなることで、目の疲れによる目のかすみや一時的な視力の低下を引き起こしてしまいます。

さらに、かすみ目や一時的な視力の低下の症状によって、目が見えにくくなっている状態から、より頑張ってモノをはっきり見ようとすることで、より目は疲れてしまい悪循環に陥ってしまいます。

目の疲れの悪循環を防ぐためには、ロドプシンの再合成をスムーズに機能させてあげることが大切です。

ビタミンAは、ロドプシンの主成分になるので、ビタミンAを摂取することでロドプシンの再合成が上手く働いて、目の疲れによる症状や目の疲れから再び起こる目の疲れの悪循環を解消することにつながります。

(3)目の角膜を守る役割

ビタミンAは、目の角膜の細胞を作り替えたり、角膜の表面を保護する粘液の成分になります。

角膜は、目の一番外側の部分で、一番最初に光を受け入れる場所になるので、角膜の透明度が下がってしまうと、モノを見るときの鮮明度が落ちてしまいます。

ビタミンAは、角膜の透明度を維持するために欠かせない栄養素です。

さらに、角膜が傷ついたり、乾燥してしまうとドライアイという症状が起こるので、角膜を守る働きがあるビタミンAを摂取することで、ドライアイの予防にもつながります。

(4)強い抗酸化作用により老化を防ぐ

ビタミンAは、抗酸化ビタミンの一つで強い抗酸化作用があります。

抗酸化作用とは、活性酸素による酸化ストレスから細胞を守り、細胞の老化を遅らせる効果あるので、酸化ストレスによる目の老化を防ぐことにもなります。

活性酸素は、目も体の各部位同様に細胞が老化してしまうことによって、機能が低下していきます。

加齢や紫外線による影響を日々の生活習慣の中で、発生する活性酸素によって身体は絶えず活性酸素による酸化ストレスにさらされています。

しかし、ビタミンAには、強い抗酸化作用によって細胞の老化を抑える働きがあるので、老化によって視覚機能が低下してしまうのを抑える働きがあります。

3.ビタミンAの過剰摂取には要注意!

ビタミンAは、過剰摂取し過ぎることによって、「吐き気」や「疲労感」という症状が現れることがあります。

ビタミンAは、脂溶性ビタミンであり、体内にとどまる性質があるので、ビタミンAの過剰摂取は体内で悪い作用を起こして、吐き気や疲労感といった症状を引き起こします。

ビタミンAは、動物性食品に含まれるレチノールで、効率的に吸収することができるので、鶏レバーやウナギなどを勧められることがあります。

しかし、鶏レバーやウナギよりも緑黄色野菜からビタミンAを摂取する方が安全です。

緑黄色野菜には、β-カロテンが多く含まれています。

β-カロテンは、体内でビタミンAに変換されます。

レチノールはビタミンAの状態で体内に入り、β-カロテンは体内でビタミンAに変換されるので、レチノールよりも吸収率は低いですが、過剰摂取することを防ぐことができます。

β-カロテンは、体内で必要に応じてビタミンAに変換されるという性質を持つっているので、ビタミンAの過剰摂取を心配する必要がありません。

そのため、ビタミンAを摂取する場合には、動物性食品に含まれるレチノールよりも緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンを摂取する方が安全でオススメです。

4.目の健康に効果的なビタミンAの摂取方法は?

サプリメント

本来の理想は、ビタミンAを食品(食材)で1日に必要な栄養を全て食事から摂取すること大切ですが、毎日忙しい人や栄養バランスを考えた食事が難しい人にとって強い味方になってくれるのがサプリメントです。

目の健康のために、ビタミンAのサプリメントを摂取するときには、ルテインやアントシアニンなどの目の健康に効果があるサプリメントと配合されているサプリメントを選ぶことが大切です。

また、ルテイン・アントシアニン以外にも、目の健康に優れた成分もあるので、一緒に摂取することで、相乗効果を得ることができます。

>>>関連記事「ルテインがどんな効果・効能をもたらすのか?副作用はあるのか?」

>>>関連記事「ブルーベリーに含まれているアントシアニンはどんな効果があるのか?」

■目の健康に良い成分と該当する成分

目の健康に良い成分と該当する成分をまとめると、下記の表になります。

目の健康に良い成分該当する成分
抗酸化力の高い成分ルテイン、アントシアニン(ポリフェノール)、アスタキサンチン、ビタミンC、ビタミンE
見た光を視神経に伝える成分ブルーベリー、ビルベリー、マキベリー、ミネラル、亜鉛
目の周りの筋肉の疲労を和らげる成分ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、マキベリー、クロセチン、葉酸、β-カロテン
紫外線・ブルーライトなどの有害な光から守る成分ルテイン、アスタキサンチン、ゼアキサンチン
目の血行を改善する成分DHA、EPA、ビタミンE、クロセチン
目の老化防止する成分アスタキサンチン、ビタミンC、コエンザイムQ10、マキベリー

5.安全規格を取得しているサプリメントを選び方

毎日サプリメントを摂取し続けるためにも、安全性がしっかり守られているサプリメントを選ぶことが大切になります。

衛生管理や安全管理がしっかりしていない会社のサプリメントを摂取したくありませんよね。

安全のお墨付きがあるサプリメントを確認するには、3つの安全基準があります。

■3つの安全基準
(1)有機JAS認証
(2)GMP基準
(3)HACCP(ハサップ)

(1)有機JAS認証

有機JASマークは、農薬や化学肥料などの化学物質を使用していないので、自然界の力で生産された食品にのみ付けられます。

有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを登録認定機関が検査して、認定された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。

(2)GMP基準

医薬品の製造には、適正・製造規範の略で「GMP(Good Manufacturing Practice)」という制度があります。

原材料の受け入れ・製造・出荷のすべての家庭において、製品が「安全」で「一定の品質」が保たれるようにするための製造工程管理基準のことになります。

(3)HACCP(ハサップ)

HACCPとは、食品の中に潜む危害要因を科学的に分析し、危害要因が除去、あるいは安全な範囲まで低減できる工程を常時管理して記録することになります。

継続的に安全確認をおこなう安全管理手法で極めて高い安全性を確保している証になります。

6.「目の健康に効果的なビタミンAを徹底解説!」まとめ

まとめ

「目の健康に効果的なビタミンAを徹底解説!」について解説してきました。

最後におさらいとして、「目の健康に効果的なビタミンAを徹底解説!」に要点をまとめてみます。

■ビタミンAは、皮膚・目の角膜・粘膜・口・鼻・のど・胃腸・気管支・膀胱・子宮などを覆う粘膜の新陳代謝を促して、健康な状態を保つ働きがある。
■ビタミンAの目の健康効果

(1)夜盲症(やもうしょう)の予防
(2)目の疲れによる症状を解消
(3)目の角膜を守る役割
(4)強い抗酸化作用により老化を防ぐ
■目の健康のためにビタミンA配合のサプリメント選びときは、ルテインやアントシアニンと一緒に摂取することで相乗効果が狙える!
■目の健康に良い成分と該当する成分

目の健康に良い成分該当する成分
抗酸化力の高い成分ルテイン、アントシアニン(ポリフェノール)、アスタキサンチン、ビタミンC、ビタミンE
見た光を視神経に伝える成分ブルーベリー、ビルベリー、マキベリー、ミネラル、亜鉛
目の周りの筋肉の疲労を和らげる成分ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、マキベリー、クロセチン、葉酸、β-カロテン
紫外線・ブルーライトなどの有害な光から守る成分ルテイン、アスタキサンチン、ゼアキサンチン
目の血行を改善する成分DHA、EPA、ビタミンE、クロセチン
目の老化防止する成分アスタキサンチン、ビタミンC、コエンザイムQ10、マキベリー

■3つの安全基準
(1)有機JAS認証
(2)GMP基準
(3)HACCP(ハサップ)

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント