<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。
ユニバース倶楽部

翼状片(よくじょうへん)の初期症状の原因と予防対策に効果的な目に良いサプリメントの選び方! | ブルーベリーサプリメント比較ランキング

翼状片(よくじょうへん)の初期症状の原因と予防対策に効果的な目に良いサプリメントの選び方!このページは、「翼状片(よくじょうへん)の初期症状の原因と予防対策に効果的な目に良いサプリメントの選び方!」について、わかりやすく解説していきますので、参考にしてもらうためにお伝えしていきます。

翼状片(よくじょうへん)は、黒目である角膜に向かって、白目である結膜が侵食していく目の病気です。

翼状片は、特に紫外線や異物(ゴミ)の侵入、逆さまつ毛などの物理的刺激によって起こることが確認されています。

また、遺伝のように家族で罹患することもあることから、翼状片が遺伝的にかかることもある病気です。

■白目部分の三層構造
【上の層】結膜
【中の層】テノン嚢(のう)
【下の層】強膜

もう少し厳密にいうと、白目部分は三層構造になっています。

一番下の層が強膜と言います。

そして、中層がテノン嚢(のう)といい、一番上の層が結膜となっています。

白目部分の三層構造の中で、真ん中のテノン嚢が侵食して、黒目の方まで入ってきてし編むのが、翼状片という眼病です。

翼状片は、よく別の病名で「慢性炎症性腫瘍」といわれることも多いです。

慢性炎症性腫瘍は、白目部分が何らかの理由で炎症を起こして、膨れているというように考えられるからです。

結膜部分は、他の人体の皮膚と同じように考えると理解しやすいです。

例えば、腕に切り傷を受けて、傷口をきちんと消毒したりケアしないと、化膿したり炎症を起こしたりすることがあります。

傷口が腫れ上がって、傷自体は治っても、傷跡のように膨らんだままになることがあります。

このような状態が、目で起こっている状態のことを「翼状片」というわけです。

では、「翼状片(よくじょうへん)の初期症状の原因と予防対策に効果的な目に良いサプリメントの選び方!」について詳しく解説していきます。

ユニバース倶楽部

1.翼状片の3つの初期症状

翼状片の初期症状について、知っておくことが大切です。

翼状片の初期症状は、主に3つが考えられます。

■翼状片の3つの初期症状
(1)目が真っ赤になる
(2)真っ赤になったところが腫れ上がる
(3)黒目が欠けてくる

(1)目が真っ赤になる

白目部分が血走ったように血管が浮き出てしまうことがあります。

目が真っ赤になると、人目も気になるという人が多いです。

特に、女性の方は、美容的な観点からも気にされる人が多いです。

(2)真っ赤になったところが腫れ上がる

白目部分が赤くなるだけではなくて、盛り上がってきます。

まばたきをするたびに異物感を得たり、あるいはゴロゴロと転がるような感覚を味わうことがあります。

(3)黒目が欠けてくる

腫れた白目が黒目のほうに侵食してきます。

そのため、綺麗な円ではなくなって、黒目の円が欠けたようになっていきます。

そのまま症状をどんどん放っておくと侵食が進んでいくケースもあります。

2.翼状片の4つの原因

翼状片の原因には、主な4つが考えられます。

翼状片の4つの原因について紹介していきます。

■翼状片の4つの原因
(1)紫外線の悪影響
(2)体質によるところも大きい
(3)涙が刺激になる
(4)スマートフォン(スマホ)やパソコン(PC)の光による刺激

(1)紫外線の悪影響

紫外線が結膜に刺激を与えることで、結膜が炎症を引き起こす引き金になります。

翼状片は、つまり結膜の炎症をこじらせて発症する眼病です。

紫外線を浴び続けていると、結膜の刺激になって炎症を引き起こし、さらに炎症をこじらさせると翼状片を発症させるリスクを高めてしまうというわけです。

例えば、テニスやゴルフのコーチや、サーファー、漁師など、普段から紫外線を浴びることが多い職業についている人は、翼状片を発症させるケースが多いです。

特に、潮風も刺激になるので、サーファーや漁師の方は、より翼状片になるリスクが高いです。

(2)体質によるところも大きい

特に、紫外線を受けるような職業に従事している人でなくても、翼状片を発症するケースもあります。

翼状片は、体質によっても発症します。

つまり、目にちょっとした刺激でも、炎症を起こしやすい人がいます。

逆に、体質的に刺激が強いという人もいます。

体質的に刺激が強い人は、たとえサーファーや漁師のように目に刺激を与える職業についても、翼状片になることがありません。

(3)涙が刺激になる

涙は、目の老廃物を外に出すという働きがあります。

しかし、涙が出るのは鼻側からで、そして涙は鼻側に溜まりやすいです。

涙が鼻側の結膜に老廃物が溜まって、老廃物が刺激になることもあります。

目に溜まった老廃物の刺激が炎症を起こして、翼状片が発症ということも少なくありません。

(4)スマートフォン(スマホ)やパソコン(PC)の光による刺激

スマートフォン(スマホ)やパソコン(PC)から発せられるブルーライトの光は、目に刺激が強いです。

また、携帯型ゲーム機の光も目に大きな負担があると考えられています。

スマートフォン(スマホ)やパソコン(PC)、携帯型ゲーム機などの光の刺激を受けることで、翼状片の発症を促進してしまう恐れがあります。

特に、スマートフォン(スマホ)やパソコン(PC)、携帯型ゲーム機などの光は、鼻側の結膜に影響を与えることが多いです。

鼻に反射した光が入ってくるからです。

そのため、翼状片は鼻側の結膜に発症することが多いです。

3.翼状片の4つの予防対策

翼状片の原因を把握した上で、翼状片の4つの予防対策方法を知っておくことが大切です。

■翼状片の4つの予防対策
(1)初期段階の場合は目薬で予防できる
(2)黒目に侵食している場合には手術が推奨
(3)紫外線を避ける
(4)スマートフォン(スマホ)やパソコン(PC)のブルーライトの光に気をつける

(1)初期段階の場合は目薬で予防できる

充血を抑制する目薬や、炎症を抑制する目薬、細胞をの増殖を抑制する働きを持っている目薬を点眼することによって、初期の翼状片であれば、それ以上の悪化を抑えることができます。

このような翼状片の初期状態の場合であれば、いきなり手術になることは少なく、まずは目薬(点眼薬・点眼液)で経過を観察するのことが一般的です。

(2)黒目に侵食している場合には手術が推奨

白目の炎症によって、盛り上がってどんどん黒目に侵入している場合には、なるべく早め眼科に行って手術を受けたほう良いでしょう。

特に、黒目に侵入してくると視界に影響を与えてしまいます。

最初は、乱視のようになり、やがてどんどん見えなくたっていきます。

見た目にも黒目に侵食してくると、人目にもわかるようになりますので、手術が良いでしょう。

翼状片の術式は、眼科によっても異なります。

再発の可能性もまた眼科によってだいぶ異なります。

翼状片の手術のリスクなども踏まえて、手術に踏み切る前に、しっかりと説明を受けておくことが大切です。

一例としては、結膜下の層のテノン嚢(のう)の組織を切除するというのが一般的です。

そして、その後に結膜と一番下の層の強膜を縫合していきます。

縫合するとき自然に消える糸を使うところもばれば、太めの糸でガッチリと縫合した後に、抜糸が必要になることもあります。

眼科によりますが、抜糸が必要な術式のほうが、翼状片の再発のリスクは少ないという声が多いです。

(3)紫外線を避ける

紫外線は、結膜への刺激がとても強いです。

結膜への刺激になるので、なるべく紫外線を避けることが大切になります。

外出時に、サングラスをかけたり、帽子をかぶったり、日傘を使用するなどが効果的です。

太陽の照り返しによる刺激もあるので、サングラスを意識してかけると良いでしょう。

(4)スマートフォン(スマホ)やパソコン(PC)のブルーライトの光に気をつける

仕事の業務でパソコン(PC)を使うことが多い人もいると思います。

また、通勤や暇な時間、自宅などでスマートフォン(スマホ)を長時間見ている人もいると思います。

スマートフォン(スマホ)やパソコン(PC)を使用する場合は、ブルーライトカットのメガネをかけることで、ブルーライトから目を守ることができます。

4.翼状片の予防に効果的なサプリメントの選び方

サプリメント

ビタミンCは、翼状片の予防に効果的です。

ビタミンCには、白目の炎症を抑制する働きがあります。

また、ルテインも翼状片の予防に重要です。

ルテインには、目の健康に欠かせない栄養素で、ルテインによっても炎症を抑制する効果があります。

ビタミンCとルテインの2つのサプリメントを利用することで、翼状片の予防に良いでしょう。

さらに、ビタミンCとルテイン以外にも目の健康に良い成分と該当する成分を知っていると良いでしょう。

目の健康に良い成分と該当する成分をまとめると、下記の表になります。

■目の健康に良い成分と該当する成分

目の健康に良い成分該当する成分
抗酸化力の高い成分ルテイン、アントシアニン(ポリフェノール)、アスタキサンチン、ビタミンC、ビタミンE
見た光を視神経に伝える成分ブルーベリー、ビルベリー、マキベリー、ミネラル、亜鉛
目の周りの筋肉の疲労を和らげる成分ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、マキベリー、クロセチン、葉酸、β-カロテン
紫外線・ブルーライトなどの有害な光から守る成分ルテイン、アスタキサンチン、ゼアキサンチン
目の血行を改善する成分DHA、EPA、ビタミンE、クロセチン
目の老化防止する成分アスタキサンチン、ビタミンC、コエンザイムQ10、マキベリー、

5.安全規格を取得しているサプリメントを選び方

毎日サプリメントを摂取し続けるためにも、安全性がしっかり守られているサプリメントを選ぶことが大切になります。

衛生管理や安全管理がしっかりしていない会社のサプリメントを摂取したくありませんよね。

安全のお墨付きがあるサプリメントを確認するには、3つの安全基準があります。

■3つの安全基準
(1)有機JAS認証
(2)GMP基準
(3)HACCP(ハサップ)

(1)有機JAS認証

有機JASマークは、農薬や化学肥料などの化学物質を使用していないので、自然界の力で生産された食品にのみ付けられます。

有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを登録認定機関が検査して、認定された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。

(2)GMP基準

医薬品の製造には、適正・製造規範の略で「GMP(Good Manufacturing Practice)」という制度があります。

原材料の受け入れ・製造・出荷のすべての家庭において、製品が「安全」で「一定の品質」が保たれるようにするための製造工程管理基準のことになります。

(3)HACCP(ハサップ)

HACCPとは、食品の中に潜む危害要因を科学的に分析し、危害要因が除去、あるいは安全な範囲まで低減できる工程を常時管理して記録することになります。

継続的に安全確認をおこなう安全管理手法で極めて高い安全性を確保している証になります。

6.「翼状片(よくじょうへん)の初期症状の原因と予防対策に効果的な目に良いサプリメントの選び方!」まとめ

まとめ

「翼状片(よくじょうへん)の初期症状の原因と予防対策に効果的な目に良いサプリメントの選び方!」について解説してきました。

最後におさらいとして、「翼状片(よくじょうへん)の初期症状の原因と予防対策に効果的な目に良いサプリメントの選び方!」に要点をまとめてみます。

■白目部分の三層構造
【上の層】結膜
【中の層】テノン嚢(のう)
【下の層】強膜
■翼状片の3つの初期症状
(1)目が真っ赤になる
(2)真っ赤になったところが腫れ上がる
(3)黒目が欠けてくる
■翼状片の4つの原因
(1)紫外線の悪影響
(2)体質によるところも大きい
(3)涙が刺激になる
(4)スマートフォン(スマホ)やパソコン(PC)の光による刺激
■翼状片の4つの予防対策
(1)初期段階の場合は目薬で予防できる
(2)黒目に侵食している場合には手術が推奨
(3)紫外線を避ける
(4)スマートフォン(スマホ)やパソコン(PC)のブルーライトの光に気をつける
■翼状片に良い成分はビタミンCとルテイン!
■目の健康に良い成分と該当する成分

目の健康に良い成分該当する成分
抗酸化力の高い成分ルテイン、アントシアニン(ポリフェノール)、アスタキサンチン、ビタミンC、ビタミンE
見た光を視神経に伝える成分ブルーベリー、ビルベリー、マキベリー、ミネラル、亜鉛
目の周りの筋肉の疲労を和らげる成分ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、マキベリー、クロセチン、葉酸、β-カロテン
紫外線・ブルーライトなどの有害な光から守る成分ルテイン、アスタキサンチン、ゼアキサンチン
目の血行を改善する成分DHA、EPA、ビタミンE、クロセチン
目の老化防止する成分アスタキサンチン、ビタミンC、コエンザイムQ10、マキベリー、

■3つの安全基準
(1)有機JAS認証
(2)GMP基準
(3)HACCP(ハサップ)

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント