<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、PR・広告・商品プロモーションが含まれている場合があります。
PR
ユニバース倶楽部

ストレスは神経痛の原因になるのか?頭や首から手足や背中まで体全体の痛み! | 神経痛に効果的なサプリメント比較ランキング

記事内に広告が含まれています。

ストレスは神経痛の原因になるのか?頭や首から手足や背中まで体全体の痛み!

このページは、「ストレスは神経痛の原因になるのか?頭や首から手足や背中まで体全体の痛み!」について、わかりやすく解説していきますので、参考にしてもらうためにお伝えしていきます。

神経痛は、とても嫌な痛さです。

神経痛の痛さには、「シクシク」「チクチク」「ジンジン」と通常の怪我や腹痛や頭痛とは違って、なんともいい現しづらい気持ちの悪い痛みが身体を襲ってきます。

何気ない瞬間に、違和感を覚えてからしばらく、人によっては定期的な神経痛に襲われるようになってしまったという人も少なくありません。

様々な病気が原因でなりえる神経痛です。

神経痛の中には、突発性で原因が分からないものもあります。

しかし、実はストレス性の神経痛も多いと考えられています。

ストレスが引き起こす神経痛には、「どのようなものがあるのか?」「対処方法はあるのか?」について知っておくと良いでしょう。

では、これらの疑問を含めて「ストレスは神経痛の原因になるのか?頭や首から手足や背中まで体全体の痛み!」について詳しく解説していきます。

ユニバース倶楽部

1.ストレスは神経痛の原因になるのか?

ストレスは、神経痛の要因になりえます。

肋間神経痛は、特にストレスがきっかけに発症することも多い神経痛です。

そもそもストレスは、身体にとって適度な量であればプラスにも働きますが、過度な刺激はさまざま不調を呼び寄せてしまいます。

特に思春期で多感な時期や、疲れているときなどは、身体に直接違和感を覚えさせるような症状を引き起こすことがあります。

■ストレスによって自律神経の乱れにつながる!

ストレスが溜まりすぎると、特に影響を受けるのが自律神経と呼ばれる神経です。

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、臨戦態勢時には交感神経が、リラックスしている時は副交感神経が優位になります。

自律神経の交感神経と副交感神経のスイッチがバランスよく切り替わることで、人間的な生活を送るのに最も適した状態の精神・身体的な健康を保てるようになっています。

自律神経の交感神経と副交感神経のスイッチは、いわゆる仕事とプライベートのオンとオフという表現で現すことができます。

また、自律神経の交感神経と副交感神経を切り替えることと言い換えることもできて、健全な生活を送るためには、とても重要な神経といえます。

2.ストレスがどのようにして神経痛を引き起こすのか?

スイッチ

ストレスは、どのようにして神経痛を引き起こすことにつながっていくのでしょうか?

強いストレスを受け続けている状況では、自律神経は常に臨戦態勢です。

つまり、自律神経の交感神経のスイッチを入れ続けている状態になり、副交感神経が働く余地が少なくなります。

交感神経のスイッチが入っているというのは、身体的にはどういう状況かというと、筋肉が緊張している状態で、頭が常にフル回転しているような状態です。

何かに集中するには良い環境ですが、長く続ければ疲労物質が蓄積したり、血流が悪化したり、精神的にも疲労が蓄積して、身体に負荷をかけ続けてしまいます。

ストレスは、特に血流の悪化や筋肉の緊張が継続すると、筋肉や筋肉のまわりの神経を刺激し続けるので、神経痛の症状が現れることがあると考えられています。

>>>関連記事「オルニチンは自律神経の乱れを改善に効果があるのか?副作用はあるのか?」

■ストレスによる神経痛は身体からの危険信号!

自律神経は,、私たちの身体を無意識下でコントロールしているとても重要な器官です。

例えば、女性が更年期になると、イライラしたり、冷え性になったり、気力の低下を感じたりするのは、女性ホルモンの減少によって混乱した自律神経が、身体を正常にコントロールすることができなくなることで起きます。

このように自律神経が乱れている状態は、神経痛に限らず、様々なな不調を引き起こしうる状態です。

つまり、神経痛がストレスによって、自律神経の乱れを生じ始めたことで、身体からの危険信号だと考えることもできます。

■ストレスの解消が大切!

ストレスによって神経痛を引き起こしている場合は、速やかにストレスの軽減方法や改善策を考えることが大切です。

ストレス解消に一番手っ取り早いのは、副交感神経が優位に働く時間を作ることです。

つまり、自律神経の交感神経と副交感神経のスイッチのオンとオフの切り替えをより意識的にすることです。

行きつけのお店を作って、軽く食べ飲みしてから家に帰ったり、誰かとおしゃべりたしり、買い物をしたり、映画を見たり、自分にとってストレス解消になるものであれば、何でも良いので交感神経と副交感神経を切り替える方法が必要です。

つまり、仕事とプライベートを切り分けるための行動を自分で決めておくことも大切です。

家に帰っても仕事や嫌なことで、頭がいっぱいにならないように、心の逃げ道を複数作ってくことで、ストレス解消になるので、とても大切なことといえます。

3.ストレスが原因で起こる肋間神経痛(ろっかんしんけいつう)とは?

神経痛にも部位によってさまざまな神経痛があります。

しかし、神経痛の中でも特にストレスによって引き起こされることが多いといわれているのが「肋間神経痛(ろっかんしんけいつう)」です。

肋間神経痛は、背中や胸の辺り、特に心臓や肺のある辺りに痛みが走る症状です。

具体的には、肋間神経痛(ろっかんしんけいつう)とは、病名ではなくて症状の名前です。

肋間神経痛は、私たちの身体を守っている肋骨の一部が突然痛むことによって、一瞬は肺や心臓が痛んでいるのかと思うのが特徴です。

肋間神経痛は、突発的な痛みが短い時間襲ってきて症状が去ります。

肋間神経痛の痛みが断続的に続くことも多く、日常生活における身体の動きがきっかけとなって痛みが発生することもあるので、あまりに頻繁に痛みが起こると日常生活にも支障が現れるのが特徴です。

■肋間神経痛(ろっかんしんけいつう)の治療方法とは?

肋間神経痛は、人によって頻度や痛む場所、痛みが発生するきっかけなどが異なります。

しかし、肋間神経痛の発生の原因は、身体のこわばりやストレス、冷え症などがあげられます。

特にストレスがきっかけとなって発生するケースは少なくないと考えらています。

肋間神経痛の事態で具体的な治療法が存在するわけではありません。

肋間神経痛に悩まされている方は、まずはストレスの軽減と並行してストレッチや体を冷やさない工夫などをしていく必要があります。

肋間神経痛の多くの場合は、一過性で、ストレスの軽減やストレッチ、体を温めるようにしてくことで、身体のこわばりや血流の悪化する要因を取り除いていくことで解消されていきます。

しかし、長期間にわたって肋間神経痛が解消しない場合は、他の病気の可能性もありますので、専門医に相談することが望ましいといえます。

4.ストレス以外の神経痛の原因あるのか?

ストレスは、肋間神経痛をはじめ、他の神経痛にとっても、ストレスが要因や悪化の原因になることがあります。

しかし、神経痛は、ストレス以外にも他の病気、例えば腫瘍や感染症などが隠れていたり、ケガの治療などによる後遺症として現れてくる可能性も十分にあります。

そのため、神経痛の症状を感じて、神経痛の症状がなかなか改善する傾向がみられなければ、場合によってはしっかりとした病院で検査を受けるようにしましょう。

神経痛の診断には、触診や問診をはじめ、症状や期間によってはレントゲンやMRIといった精密検査を通して、神経痛の原因となっている別の病気や要因がないかを診断してくれます。

神経痛の検査する際は、内科や神経科、ケガの後遺症などを疑う場合は整形外科などに、まずは相談して診察をするのが良いといえます。

5.ストレスが原因の神経痛を解決するには医師の診断が必要不可欠!

病院・検査

ストレスが原因で神経痛が起こりえるということと、肋間神経痛という症状がストレスによって生じやすいことを知っていただけたかと思います。

神経痛は、症状が悪化すると日常生活にも支障を起こす恐れがあります。

もし異変を感じた場合や、特に神経痛が続いている場合は、早めに医師の診断を受けることが最も大切なことです。

神経痛は、痛みを我慢して、放置していても解決されることはありませんので、速やかに病院で診察して、神経痛の原因を見つけることが最善の策です。

6.「ストレスは神経痛の原因になるのか?頭や首から手足や背中まで体全体の痛み!」まとめ

まとめ

「ストレスは神経痛の原因になるのか?頭や首から手足や背中まで体全体の痛み!」について解説してきました。

最後におさらいとして、「ストレスは神経痛の原因になるのか?頭や首から手足や背中まで体全体の痛み!」に要点をまとめてみます。

■ストレスは神経痛の要因になりえる!
■ストレスによって自律神経の乱れにつながる!
■ストレスは、特に血流の悪化や筋肉の緊張が継続すると、筋肉や筋肉のまわりの神経を刺激し続けるので、神経痛の症状が現れる!
■ストレスによる神経痛は身体からの危険信号!
■ストレスの解消が大切!
■肋間神経痛は、背中や胸の辺り、特に心臓や肺のある辺りに痛みが走る症状!
■肋間神経痛の事態で具体的な治療法が存在するわけではありません。
■肋間神経痛の多くの場合は、一過性で、ストレスの軽減やストレッチ、体を温めるようにしてくことで、身体のこわばりや血流の悪化する要因を取り除いていくことで解消される!
■神経痛は、ストレス以外にも他の病気、例えば腫瘍や感染症などが隠れていたり、ケガの治療などによる後遺症として現れてくる!

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント