<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、PR・広告・商品プロモーションが含まれている場合があります。
PR
ユニバース倶楽部

アルギニン・シトルリン・オルニチンの効果の違いと効果的な摂取方法 | アルギニン効果効能解説まとめ

記事内に広告が含まれています。

このページは、「アルギニン・シトルリン・オルニチンの効果の違いと効果的な摂取方法」について、わかりやすく解説していきますので、参考にしてもらうためにお伝えしていきます。

アルギニン・シトルリン・オルニチンは、すべてアミノ酸の一種になります。

「アルギニン・シトルリン・オルニチンの効果の違いと効果的な摂取方法」について詳しく解説していきます。

時間のない方のために、「アルギニン・シトルリン・オルニチンの効果の違いと効果的な摂取方法」の要点をまとめておきますので、これを読んでもらうだけでも十分になります。

■アルギニンの効果を最大限に実感するためには、シトルリンとの同時摂取が最強だといわれています。
■アルギニン・シトルリン・オルニチンの中で、アルギニンが一番健康と美容の効果をもたらす成分になります。
■スーパーアミノ酸と言われるアルギニンの効果!
■アルギニンの一番効果的な摂取方法は、アルギニンとシトルリン、またはアルギニンとオルニチンの組み合わせで摂取すると良い!
ユニバース倶楽部

1.アルギニン・シトルリン・オルニチンの関係性

肝臓内の尿素回路は、体内にとって毒素であるアンモニアを尿素に変えて、体外へ排出します。

肝臓内の尿素回路で働く主な成分が、アルギニン・シトルリン・オルニチンの3つなります。

尿素回路の中で、オルニチン→シトルリン→アルギニンという順番で変化していきます。

アルギニン・シトルリン・オルニチンの3つのどれを摂取しても、肝臓内の尿素回路は活発化するので、二日酔い対策のドリンクや疲労回復のエナジードリンクに含まれています。

この3種類であれば「どれを摂取しても効果は同じ?」というとではありません。

この3種類のアミノ酸の中で、アルギニンが一番体にとって、健康効果が高い栄養成分になります。

しかし、アルギニンだけを摂取していると、吸収率が悪いというデメリットがあります。

尿素回路は、オルニチン→シトルリン→アルギニン→オルチニンという順序で回りますので、アルギニンの前にオルニチンまたはシトルリンを摂取すれば、吸収率を上げることができます。

そして、シトルリンとオルニチンは、尿素回路に入ると、一酸化窒素を発生させて、血流を改善するので、よりアルギニンの健康効果をサポートしてくれます。

2.アルギニンとシトルリンの相互効果

アルギニンの効果を最大限に実感するためには、シトルリンとの同時摂取が最強だといわれています。

アルギニンとシトルリンの同時摂取が効果的な理由は、相互効果で一酸化窒素が大量に産出されることが解明されているからです。

アルギニンは、「天然のバイアグラ」と呼ばれていますが、バイアグラの開発者も一酸化窒素を大量に放出する研究から始まったといわれています。

つまり、一酸化窒素を大量に生産されると、ED(勃起不全)対策や高血圧対策、心臓発作対策、脳卒中や冠動脈疾患対策にもつながります。

40代以降に気になるこれらの病気が対策できるなら、アルギニンとシトルリンの組み合わせたサプリメントを毎日摂取することをオススメします。

3.アルギニン・オルニチン・シトルリンの適切な摂取量

アルギニン・オルニチン・シトルリンの摂取量には、適正量の範囲があります。

■1日の目安摂取量
【アルギニン】1500mg
【オルニチン】400mg〜1000mg
【シトルリン】800mg

アルギニンは、過剰摂取すると頭痛や下痢などの副作用の症状が起こります。

シトルリンは、無駄に体外へ排出されてしまうので、適切な量を守って摂取することが大切になります。

4.アルギニン・シトルリン・オルニチンの効果を比較

アルギニン・シトルリン・オルニチンの中で、アルギニンが一番健康と美容の効果をもたらす成分になります。

オルニチンは、アルギニンのようなたんぱく質の原料にはなりません。

そして、オルニチンの大半は体内に吸収されてから、アルギニンに変化する性質があるので、あえてオルニチン単体で摂取しなくても、アルギニンさえ摂取していれば十分になります。

アルギニンの効果は、糖尿病・動脈硬化・心不全・狭心症・閉塞性動脈硬化症などの虚血性疾患やED(勃起不全)・不妊症・認知症・骨粗鬆症・消化性潰瘍などの生活習慣病、老化の予防や改善に効果があり、オルニチンだけでは期待できません。

そして、シトルリンは、運動能力をアップさせたり、男性器(ペニス)増大のサプリメントに含まれていますが、アルギニンと一緒に摂取することで、高い相乗効果が期待できます。

5.スーパーアミノ酸と言われるアルギニンの効果

人間の体は約65%が水分、20%がたんぱく質で作られています。

アミノ酸は、たんぱく質の材料となるので、どの種類も健康と美容維持に欠かせません。

アミノ酸の中でも総合的に優れている成分が、アルギニンになります。

アルギニンは、成長ホルモンと密接に関係しているので、体の健康を支える根本的な栄養成分になることから、「スーパーアミノ酸」と呼ばれています。

アルギニン研究と一酸化窒素研究には、ノーベル医学・生理学賞が授与されているほどです。

6.アミノ酸サプリメントの効果的な摂取方法

アルギニン・シトルリン・オルニチンはどれも肝機能アップ効果があります。

その他に成長ホルモンの分泌を促進する効果によって、筋肉増強効果や減量効果、美肌効果、アンチエイジング効果、免疫力の強化に役立ちます。

アルギニン・シトルリン・オルニチンの中でも、アルギニンが特に健康と美容効果が期待できます。

アルギニンだけが持つ健康と美容効果は、血管レベルのアンチエイジング、血流促進、インシュリンの働きを向上させる役目、骨の強化、たんぱく質の糖化防止、抗酸化作用、学習能力・記憶力の低下予防になります。

アルギニンの一番効果的な摂取方法は、アルギニンとシトルリン、またはアルギニンとオルニチンの組み合わせで摂取すると良いでしょう。

アルギニンは、強アルカリ性なので、摂取し過ぎると、副作用の下痢の症状を起こしたり、あまりに多過ぎると肝機能にも影響を及ぼしてしまうこともあります。

効率的に体内に取り入れるためには、アルギニンにシトルリンまたはオルニチンを一緒に摂取することがオススメになります。

7.「アルギニン・シトルリン・オルニチンの効果の違いと効果的な摂取方法」まとめ

「アルギニン・シトルリン・オルニチンの効果の違いと効果的な摂取方法」について解説してきました。

最後におさらいとして、「アルギニン・シトルリン・オルニチンの効果の違いと効果的な摂取方法」に要点をまとめてみます。

■アルギニンの効果を最大限に実感するためには、シトルリンとの同時摂取が最強だといわれています。
■アルギニン・シトルリン・オルニチンの中で、アルギニンが一番健康と美容の効果をもたらす成分になります。
■スーパーアミノ酸と言われるアルギニンの効果!
■アルギニンの一番効果的な摂取方法は、アルギニンとシトルリン、またはアルギニンとオルニチンの組み合わせで摂取すると良い!

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント