<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、PR・広告・商品プロモーションが含まれている場合があります。
PR
ユニバース倶楽部

アルギニンが不妊改善に与える3つの効果とは?効果的な摂取方法は?副作用はあるの? | アルギニン効果効能解説まとめ

記事内に広告が含まれています。

このページは、「アルギニンが不妊改善に与える3つの効果とは?効果的な摂取方法は?副作用はあるの?」について、わかりやすく解説していきますので、参考にしてもらうためにお伝えしていきます。

不妊に悩む方は、体のリズムを整えることがとても大切になります。

自然妊娠も体外受精でも、まずは妊娠しやすい体になるようにするのが必要になります。

妊娠しやすい体を作るのに必要な成分が「アルギニン」になります。

アルギニンは、たんぱく質の構成する物質であり、生きるために必要な栄養素になります。

アルギニンを摂取すると、「不妊改善に与えるつの効果」について解説していきます。

時間のない方のために、「アルギニンが不妊改善に与える3つの効果とは?効果的な摂取方法は?副作用はあるの?」の要点をまとめておきますので、これを読んでもらうだけでも十分になります。

■アルギニンが不妊改善に与える3つの効果
(1)アルギニンは子宮内膜を厚くする効果
(2)アルギニンは妊婦体質を作る効果
(3)アルギニンは男性不妊の改善する効果
■アルギニンは病院の不妊治療にも使用されている。
■アルギニンに副作用はないが、過剰摂取すると危険!
ユニバース倶楽部

1.アルギニンが不妊改善に与える3つの効果とは?

アルギニンが不妊改善に与える3つの効果があります。

■アルギニンが不妊改善に与える3つの効果
(1)アルギニンは子宮内膜を厚くする効果
(2)アルギニンは妊婦体質を作る効果
(3)アルギニンは男性不妊の改善する効果

(1)アルギニンは子宮内膜を厚くする効果がある

アルギニンは、一酸化窒素を合成して、血管を広げて、血流を促してくれる効果があります。

骨盤内の卵巣や子宮の血流を良くして、子宮内膜を厚くさせる効果があります。

アルギニンの血管拡張作用には、全身の血流を良くするので、骨盤内の卵巣や子宮の血流以外の部分にも効果が期待できます。

アルギニンの血管拡張作用は、妊娠の着床の手助けになるので、卵巣反応が悪い場合の不妊治療に役立ちます。

(2)アルギニンは妊婦体質を作る効果がある

不妊に悩む女性が、アルギニンを摂取することで、女性の卵母細胞、胚が増えて妊娠率を向上させます。

女性の不妊は、主に卵巣が正常に生成されなかったり、卵子が途中で死んでしまったりと主に卵子の異常によって起こります。

これらの問題は、卵子の素となる卵母細胞の分裂に関する異常が原因といわれています。

そこでアルギニンを摂取することで、卵母細胞の正常な分裂を手助けして、卵母細胞の異常のリスクを軽減してくれます。

さらに、不妊の女性は血液循環の悪化による体の冷えに悩む方が多く、妊娠体質にならない場合があります。

アルギニンを摂取すると、体全身の血流が良くなり、妊娠体質の体になりやすくなります。

また、妊娠高血圧症候群の予防効果が期待できます。

不妊治療から出産までの女性にとって、アルギニンがいかに重要な栄養素であるかがわかります。

アルギニンは、男性不妊の原因である精子の生成に大きな影響を持つことは、以前からいわれてきましたが、女性の不妊にとっても高い効果が得られることが近年わかってきました。

アルギニンの女性不妊症に対する効果は、すでに世界各国で検証されて、信頼できるデータも報告されてきています。

(3)アルギニンは男性不妊の改善する効果がある

アルギニンは、女性不妊症だけではなく、男性不妊症にも効果を発揮します。

不妊の原因は、男性にも原因がある場合が少なくありません、

実際、男性不妊症の2割の患者さんがED(勃起不全)といわれています。

アルギニンを使用した不妊治療は、サプリメントをただ摂取するだけで、血流促進して、精子の数を増やして活性化させます。

アルギニンは、「精子の数を増加」と「精子の運動性」を活動的にするのに必要な成分になります。

今までED(勃起不全)で不妊に悩む場合は、1日2000mg〜4000mgのアルギニンを1日2〜3回に分けて摂取すれば、精子の増加と運動性の向上によって、妊娠できたという報告もあります。

男性不妊の治療法は、現在まで確立はされていませんが、アルギニンを使用した不妊治療は有効的だといえます。

2.アルギニンは病院の不妊治療にも使用されている

近年の晩婚化が進み、不妊に悩む夫婦も少なくありません。

不妊症の原因には、人によって様々ありますが、実際には男性も女性も同等の割合で、不妊の原因になる可能性があるので、不妊治療は夫婦で取り組む必要があります。

不妊治療のほとんどは、費用がかかる上に痛みや屈辱を伴うことがあります。

そして、なかなか結果につながらずに、ストレスが原因で途中で断念する夫婦も多くいます。

しかし、アルギニンを摂取する不妊治療ならば、1日2000mg〜4000mg前後を2〜3回に分けて、サプリメントを摂取するだけの簡単な方法になります。

基本的に、アルギニンの摂取は、従来の不妊治療と並行しておこないます。

不妊治療しながらのアルギニンを摂取することで、卵母細胞および胚が増加して、妊娠の促進させるのが目的になります。

アルギニンは、病院でも不妊治療に使われていたり、医師がサプリメントを摂取するようにすすめています。

3.不妊改善に効果的なアルギニンの摂取方法

アルギニンの効果は、女性には妊娠に必要な細胞増加が期待できて、男性には精子の増加が期待できます。

妊活中の夫婦は、一緒にアルギニンを摂取すれば、自然妊娠につながります。

女性不妊と男性不妊の改善のためのアルギニンの摂取量は、1日2000mg〜4000mg程度の摂取を1日2〜3回に分けて摂取することから始めましょう。

1〜2ヶ月程度アルギニンを摂取して様子を見ながら摂取量を調節しましょう。

アルギニンの摂取で注意したいことは、アルギニンを10000mg以上を大量に摂取し続けた場合は、アルギニンの効果が弱くなったり、効かなくなったりします。

4.アルギニンの副作用はあるの?

基本的に、アルギニンを摂取することでは、副作用の症状が出ることはありません。

アルギニンを「一度に過剰摂取した場合」や「過剰摂取を続けた場合」に副作用の発生が起こる可能性があります。

もしもの場合のために、副作用の症状と影響について、解説していきます。

■副作用の主な症状と影響
(1)頭痛
(2)眠気
(3)緑内障
(4)心臓への悪影響
(5)腎臓・肝臓への悪影響

(1)頭痛

アルギニンには、血管拡張効果があることから、頭痛を発生する可能性があります。

血管が広がることで、血管が神経を圧迫することで痛みを発生させてしまうからです。

特に、脳の血管は、毛細血管と神経が複雑に入り乱れているので、痛みを感じやすいのが頭部になります。

(2)眠気

アルギニンには、血管拡張することで、血液循環が良くなり体温が高くなる可能性があります。

体温が温かくなると人間は自然とリラックスして、眠くなってしまいます。

お風呂に入ると眠くなってしまう理由は、体温が十分に温かくなって、リラックス状態になっているので、お風呂に入りながら寝てしまうことがあるのです。

(3)緑内障

アルギニンを摂取すると緑内障を発症するということはありませんが、アルギニン配合サプリメントの中には、緑内障を持つ方は、使用を控えるようにと注意書きがある場合があります。

緑内障を持つ方は、事前に医師に相談してからアルギニンのサプリメントを摂取するかしないかの判断をしましょう。

(4)心臓への悪影響

アルギニンの血管拡張効果は、心臓系の病気を持つ方は特に注意が必要になります。

血管拡張するということは、血液状態が良くなることで、悪くないと考えがちになりますが、実は血管が広がるということは、血圧が低くなるということになります。

一般的に、高血圧ばかりが注目されていますが、低血圧も危険な状態になります。

低血圧の症状の方が、アルギニンを摂取することで、さらに血圧を低下させてしまう恐れがありますので、避けたほうがいいです。

アルギニンのサプリメントには、心臓系の疾患を持つ方は、使用を控えてくださいと表記されています。

もし、使用を考えている方は、事前に医師に相談するようにしましょう。

(5)腎臓・肝臓への悪影響

アルギニンは、アルコールなどの解毒にも利用されています。

尿素回路というところで、『アルギニン→オルニチン→シトルリン』というサイクルを経て、毒素を無害に浄化しています。

アルギニン自体は、体にとって毒素を排除してくれる良い働きをしてくれますが、一方でアルギニンを過剰摂取してしまうと、必要以上に肝臓や腎臓を働かせすぎてしまうので、悪影響を引き起こす可能性があります。

肝臓や腎臓も私たちの大切な臓器の一つになりますので、ある程度の休息は必要になります。

しかし、アルギニンを過剰摂取してしまうと、休みなく働かないといけなくなるので、腎臓や肝臓に負担をかけてしまいます。

5.「アルギニンが不妊改善に与える3つの効果とは?効果的な摂取方法は?副作用はあるの?」まとめ

「アルギニンが不妊改善に与える3つの効果とは?効果的な摂取方法は?副作用はあるの?」について解説してきました。

最後におさらいとして、「アルギニンが不妊改善に与える3つの効果とは?効果的な摂取方法は?副作用はあるの?」に要点をまとめてみます。

■アルギニンが不妊改善に与える3つの効果
(1)アルギニンは子宮内膜を厚くする効果
(2)アルギニンは妊婦体質を作る効果
(3)アルギニンは男性不妊の改善する効果
■アルギニンは病院の不妊治療にも使用されている。
■アルギニンに副作用はないが、過剰摂取すると危険!

最後までお読みいただきありがとうございました!