ユニバース倶楽部

シトルリンの副作用で歯茎に悪影響を与えるのか?副作用を引き起こさない摂取方法! | シトルリン効果効能解説まとめ

シトルリンの副作用で歯茎に悪影響を与えるのか?副作用を引き起こさない摂取方法!

このページは、「シトルリンの副作用で歯茎に悪影響を与えるのか?副作用を引き起こさない摂取方法!」について、わかりやすく解説していきますので、参考にしてもらうためにお伝えしていきます。

シトルリンといえば、男性向けの精力剤や精力増強サプリメントに多く含まれている成分になります。

シトルリンは、天然の栄養素なので、基本的には副作用はありません。

しかし、歯肉炎の人が、シトルリンを摂取すると、炎症部分から出血しやすくなる方がいます。

では、「シトルリンの副作用で歯茎に悪影響を与えるのか?副作用を引き起こさない摂取方法!」について詳しく解説していきます。

ユニバース倶楽部

1.シトルリンには歯茎が出血する副作用はあるのか?

シトルリンは、食品(食材)では「スイカ」に多く含まれている成分であり、基本的に副作用の心配はありません。

スイカに含まれている程度のシトルリンの含有量は問題ありませんが、サプリメントで1日分の目安摂取量を摂取する際には、注意が必要になります。

シトルリンには、血流促進作用があるので、歯肉炎の人が、シトルリンを摂取すると、歯茎の炎症部分から出血しやすくなります。

シトルリンの血流アップ効果は、歯茎まで影響を及ぼすので、歯肉炎がある方は、自己判断で摂取する前に、必ず歯科医師に相談してから摂取するようにしましょう。

歯肉炎の他にも、血管に疾患を持っている人が、シトルリンを摂取することも注意が必要になります。

血管に疾患を持っている人も、シトルリンを摂取する前に、必ず医師に相談してから判断しましょう。

2.シトルリンで歯茎が腫れた場合の対処方法とは?

歯茎は、薬の副作用で腫れることがあります。

このことを薬物性歯肉肥大や、薬物性歯肉増殖と呼ばれています。

シトルリンは、天然の栄養素であり、サプリメントや健康食品となって販売されているので、副作用はありません。

しかし、歯肉炎の人が、シトルリンを摂取すると、歯茎が腫れたり、出血する症状が現れることがあります。

歯茎の腫れは、歯と歯の間の歯肉が少し膨れた程度の症状から、ひどくなると、歯が完全に隠れてしまう症状もあります。

歯面に歯垢が多いと、歯肉肥大となり、重症化しやすくなります。

歯肉肥大が起きた場合には、シトルリンの摂取をすぐにやめて、歯科医師に診断してもらいます。

歯肉炎の予防には、日頃の歯磨きを徹底して行うことと、定期的に歯科受診して、歯石を除去してもらったりすることが大切になります。

3.シトルリンは歯茎の血行を良くして歯肉炎予防に効果がある!

シトルリンとは、体内に存在するアミノ酸の一つになります。

通常のアミノ酸は、筋肉や内臓などのたんぱく質として存在しています。

シトルリンは、血管などを巡りながら、体内に存在しており、遊離アミノ酸と呼ばれています。

シトルリンの特徴は、血管を力強く丈夫にして、血液の流れを良くする働きがあります。

シトルリンが、体内への吸収されると、酵素反応で変化する途中で、一酸化窒素(NO)が産生します。

一酸化窒素(NO)は、血管を力強く丈夫にして、血管を広げて、血流をスムーズにする血管拡張作用があるので、歯茎まで血流を良くする効果があります。

健康な人が、シトルリンを継続的に摂取し続けることで、歯茎の血行が良くなり、歯肉炎予防の効果につながります。

4.健康な歯茎のためのシトルリン摂取方法とは?

シトルリンには、血管を広げて、血流を促進する働きがあるので、歯茎が弱い方や、歯肉炎予防のために、シトルリン配合のサプリメントを摂取すると良いでしょう。

一般的に、シトルリンの1日の目安摂取量は800mg程度といわれています。

■シトルリンが多く含まれている食品(食材)【100g中の含有量】
・スイカ:180mg
・ヘチマ:57mg
・メロン:50mg
・クコの実:34mg
・冬瓜:18mg
・ゴーヤ(にがうり):16mg
・きゅうり:9.6mg
・にんにく:3.9mg

シトルリンは、スイカやメロン、きゅうりなどのウリ科の食品(食材)に含まれていますが、シトルリンの含有量は微々たる量になります。

そして、ほとんどが皮の方に含まれているので、食品(食材)からのシトルリンを摂取するのは難しいです。

例えば、スイカ100gに対して180mgでも1日のシトルリンの目安摂取量800mgには、全然足りません。

このことを踏まえて、シトルリンの1日の目安摂取量を摂取するためには、シトルリン配合のサプリメントから手軽に摂取することが、最も効率的です。

シトルリン配合のサプリメントには、目安摂取量が記載されていないサプリメントが多いので、1日800mgを目安に覚えておくと良いでしょう。

シトルリン自体に副作用の心配はありませんが、妊婦中や授乳中の女性や子供は、体調が変化しやす大切な時期になるので、シトルリンの摂取を控えましょう。

5.シトルリンの1日の上限摂取量とは?

シトルリンは、日本国内では2006年まで医薬品として扱われていて、2007年8月から厚生労働省によって、サプリメントや健康食品として使用可能な成分となりました。

シトルリンの上限摂取量は、明確には決まっていませんが、より効果をアップさせたいからといって、一度に目安摂取量以上のシトルリンを摂取することはやめましょう。

一度に過剰摂取するよりも、継続的に適切な量を摂取する方が、シトルリンの効果を実感できやすくなるので、しっかり摂取量を守ることが大切になります。

6.シトルリンはアルギニンとの相乗効果で歯肉炎予防できる!

シトルリンの摂取タイミングは、睡眠中に成長ホルモンが分泌されるので、就寝前に摂取すると歯肉炎予防の効果が期待できます。

そして、シトルリン単体だけを800mg摂取するよりも、シトルリン400mgとアルギニン400mgを同時に摂取した方が相乗効果によって、一酸化窒素(NO)濃度が高くなります。

シトルリンの血行促進効果を狙って、健康な歯茎を保つためには、シトルリンとアルギニンを同時に摂取すると、さらに効果が期待できます。

7.シトルリン配合サプリメントの摂取上の注意点

シトルリンには、血管を拡張して、血流を促進する働きがあるので、シトルリンの摂取を避けたほうが良い人もいます。

■シトルリンの摂取を避けた方が良い人
・シトルリン欠損症の人
・高シトルリン血症の人
・低血圧の人
・他の薬を服用している人

これらの疾患を持っている方が、シトルリンを摂取する前に必ず医師に相談してから判断しましょう。

また、妊婦中や授乳中の女性や子供は、体調が変化しやす大切な時期になるので、シトルリンの摂取を控えましょう。

8.「シトルリンの副作用で歯茎に悪影響を与えるのか?副作用を引き起こさない摂取方法!」まとめ

シトルリンの副作用で歯茎に悪影響を与えるのか?副作用を引き起こさない摂取方法!まとめ

「シトルリンの副作用で歯茎に悪影響を与えるのか?副作用を引き起こさない摂取方法!」について解説してきました。

最後におさらいとして、「シトルリンの副作用で歯茎に悪影響を与えるのか?副作用を引き起こさない摂取方法!」に要点をまとめてみます。

■シトルリンには歯茎が出血する副作用はある!
■歯肉肥大が起きた場合には、シトルリンの摂取をすぐにやめて、歯科医師に診断してもらう!
■シトルリンは歯茎の血行を良くして歯肉炎予防に効果がある!
■健康な歯茎のためのシトルリン摂取方法は1日800mg程度!
■シトルリンはアルギニンとの相乗効果で歯肉炎予防できる!
■シトルリンの摂取を避けた方が良い人

・シトルリン欠損症の人
・高シトルリン血症の人
・低血圧の人
・他の薬を服用している人
・妊婦中や授乳中の女性や子供
>>>さらに、詳しくはコチラ「シトルリンがどんな効果・効能をもたらすのか?副作用はあるのか?」

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント