<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、PR・広告・商品プロモーションが含まれている場合があります。
PR
ユニバース倶楽部

ルテインで本当に加齢黄斑変性症が予防できるのか?効果的な摂取方法! | ルテイン効果効能解説まとめ

記事内に広告が含まれています。

このページは、「ルテインで本当に加齢黄斑変性症が予防できるのか?効果的な摂取方法!」について、わかりやすく解説していきますので、参考にしてもらうためにお伝えしていきます。

ルテインは、加齢黄斑変性症に効果があるといわれています。

しかし、どうしてルテインが加齢黄斑変性症に効果があるのでしょうか?

では、「ルテインで本当に加齢黄斑変性症が予防できるのか?効果的な摂取方法!」について詳しく解説していきます。

ユニバース倶楽部

1.そもそも加齢黄斑変性症とは?

私たちの体は、年齢を重ねるごとに老化して行きます。

老化の原因は、体内に発生した活性酸素が健康な細胞を攻撃して、酸化させてしまうことと考えられています。

加齢黄斑変性症も老化現象の一つで、網膜の中心部になる黄斑が加齢によって酸化して、物が見えにくくなってしまいます。

加齢黄斑変性症の症状として、物の中心部が歪んで見える変視症や、物の中心部が見えなくなる中心暗点、視力低下、色覚異常などがあります。

視界の中心部が歪んだり見えなくなったりするのは、黄斑部が網膜の中心にあるからで、黄斑部に異常があっても周辺部には異常な血管が網膜周辺に侵入して網膜に障害が起こり、視力が徐々に低下していきます。

加齢黄斑変性症には、萎縮型(ドライ型)と滲出型(ウエット型)の2種類があります。

萎縮型(ドライ型)は、網膜色素上皮が次第に萎縮していき、網膜に障害が起こって視力が低下していく病気です。

滲出型(ウエット型)は、異常な血管が網膜周辺に侵入して網膜に障害が起こり、視力が徐々に低下していく病気です。

萎縮型(ドライ型)の加齢黄斑変性症には、今のところ治療法はありません。

滲出型(ウエット型)の加齢黄斑変性症は、薬物療法や光線力学的療法、レーザー凝固、手術などの治療法があります。

加齢黄斑変性症は、欧米では成人の失明原因のトップにあげられるほど恐ろしい病気と認識されています。

日本では、加齢黄斑変性症は比較的少ないとされていますが、近年徐々に増えつつあります。

2.ルテインと加齢黄斑変性症の関係とは?

加齢黄斑変性症の発症のメカニズムは、まだ解明されていませんが、活性酸素が深く関係していると考えられています。

そこで、ルテインの高い抗酸化作用が効果を持つと考えられています。

ただ、抗酸化作用の高い成分は他にもあります。

ビタミンCやビタミンE、アスタキサンチンなども抗酸化作用の高い成分として知られています。

ビタミンCやビタミンE、アスタキサンチンの持つ抗酸化作用とルテインが違うのは、ルテインが黄斑部に存在する物質であるということです。

ルテインには、黄斑部に多く存在する黄色い色素で、目の中では有害な光を吸収したり、高い抗酸化作用で活性酸素によるダメージを防いだりしています。

ルテインは、もともと黄斑部に存在しているものですが、体内で作り出すことができません。

年齢を重ねることで、徐々にルテインは減少してしまいます。

そのため、ルテインを摂取することで、黄斑部のルテインを補充してあげる必要があります。

ルテインには、黄斑部のダメージを軽減してくれる働きがあるので、ルテインを補充することで、加齢黄斑変性症を予防・改善する効果があります。

3.効果的にルテインを摂取するには?

加齢黄斑変性症には、ルテインが効果を発揮してくれます。

では、ルテインを摂取するには、食べ物の中でルテインを多く含んでいる代表的な食品(食材)である緑黄色野菜です。

■ルテインを多く含んでいる代表的な食品(食材)
(1)ケール
(2)ほうれん草

(1)ケール

緑黄色野菜の中でも群を抜いてルテインの含有量が多いのがケールになります。

ケールは100gあたり21.9mgのルテインが含まれているといわれています。

1日のルテインの必要摂取量は6mg〜10mgといわれているので、十分な量がケールには含まれていることがわかります。

ただ、ケールは青汁によく使われていることで知られていますが、あまりスーパーやコンビニなどで見かけることは多くありません。

(2)ほうれん草

ケール以外でルテインが多く含まれている食品(食材)には、ほうれん草があります。

ほうれん草は100gあたり10.2mgのルテインが含まれています。

ほうれん草は、油で調理しやすいというメリットがあります。

ルテインは、油に溶けやすい成分ですから、油と一緒に摂取すると体内に吸収されやすくなります。

ほうれん草の炒め物などは、ルテインを摂取するには最適な調理方法といえます。

しかし、毎日ほうれん草を食べるのも大変ですし、青汁なら毎日続けられるかもしれませんが、味が苦手な人も少なくありません。

そこで、ルテイン配合のサプリメントを活用することで、手軽に摂取できて、最も効果的な摂取方法です。

ルテイン配合のサプリメントには、値段や含有量など、様々な種類が販売されています。

4.安全規格を取得しているサプリメントを選び方

毎日サプリメントを摂取し続けるためにも、安全性がしっかり守られているサプリメントを選ぶことが大切になります。

衛生管理や安全管理がしっかりしていない会社のサプリメントを摂取したくありませんよね。

安全のお墨付きがあるサプリメントを確認するには、3つの安全基準があります。

■3つの安全基準
(1)有機JAS認証
(2)GMP基準
(3)HACCP(ハサップ)

(1)有機JAS認証

有機JASマークは、農薬や化学肥料などの化学物質を使用していないので、自然界の力で生産された食品にのみ付けられます。

有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを登録認定機関が検査して、認定された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。

(2)GMP基準

医薬品の製造には、適正・製造規範の略で「GMP(Good Manufacturing Practice)」という制度があります。

原材料の受け入れ・製造・出荷のすべての家庭において、製品が「安全」で「一定の品質」が保たれるようにするための製造工程管理基準のことになります。

(3)HACCP(ハサップ)

HACCPとは、食品の中に潜む危害要因を科学的に分析し、危害要因が除去、あるいは安全な範囲まで低減できる工程を常時管理して記録することになります。

継続的に安全確認をおこなう安全管理手法で極めて高い安全性を確保している証になります。

5.「ルテインで本当に加齢黄斑変性症が予防できるのか?効果的な摂取方法!」まとめ

「ルテインで本当に加齢黄斑変性症が予防できるのか?効果的な摂取方法!」について解説してきました。

最後におさらいとして、「ルテインで本当に加齢黄斑変性症が予防できるのか?効果的な摂取方法!」に要点をまとめてみます。

■加齢黄斑変性症の症状として、物の中心部が歪んで見える変視症や、物の中心部が見えなくなる中心暗点、視力低下、色覚異常などがある。
■ルテインには、黄斑部のダメージを軽減してくれる働きがあるので、ルテインを補充することで、加齢黄斑変性症を予防・改善する効果がある!
■ルテインを多く含んでいる代表的な食品(食材)

(1)ケール
(2)ほうれん草
■3つの安全基準
(1)有機JAS認証
(2)GMP基準
(3)HACCP(ハサップ)

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント