ユニバース倶楽部

【デリケートゾーン(陰部)の洗い過ぎは臭い・かゆみ・黒ずみを悪化させているかも?】アソコの臭い・かゆみ・黒ずみ対策に効果的な正しい洗い方を徹底解説! | デリケートゾーン(すそわきが)の臭い解消対策法まとめ

【デリケートゾーン(陰部)の洗い過ぎは臭い・かゆみ・黒ずみを悪化させているかも?】アソコの臭い・かゆみ・黒ずみ対策に効果的な正しい洗い方を徹底解説!

このページは、「【デリケートゾーン(陰部)の洗い過ぎは臭い・かゆみ・黒ずみを悪化させているかも?】アソコの臭い・かゆみ・黒ずみ対策に効果的な正しい洗い方を徹底解説!」について、わかりやすく解説していきますので、参考にしてもらうためにお伝えしていきます。

デリケートゾーン(陰部)の臭い・かゆみ・黒ずみ対策として、自分の「デリケートゾーン(陰部)の洗い方が正しいのか?」それとも「間違っているのか?」について、自分で判断することができないと思います。

デリケートゾーン(陰部)の洗い方によっては、臭い・かゆみ・黒ずみといったトラブルの原因が引き起こり、対策法に悩んでいる女性が多くいます。

デリケートゾーン(陰部)の悩みは、特に人に相談しづらい部分になるので、なんとか自力でケア対策を取ろうとして、つい洗いすぎてしまい、返ってトラブルを悪化させるケースがあります。

一方で、デリケートゾーン(陰部)は、複雑な構造上をしていて、デリケートゾーン(陰部)に溜まった汚れを十分に洗い流せずに、トラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。

そこで、実はあまり知られていない「デリケートゾーン(陰部)の正しい洗い方」について解説していきます。

デリケートゾーン(陰部)の正しい洗い方を覚えることで、デリケートゾーン(陰部)がトラブルになっていた原因を知ることができたり、デリケートゾーン(陰部)のケア対策することにつながります。

また、デリケートゾーン(陰部)の洗い方を見直す機会にもなります。

デリケートゾーン(陰部)の正しい洗い方を覚えたことで、「デリケートゾーン(陰部)の嫌な臭いやかゆみが改善につながった!」という女性も多くいます。

この機会に、自分のデリケートゾーン(陰部)の洗い方が正しいかどうか否かを確認することが大切です。

では、「【デリケートゾーン(陰部)の洗い過ぎは臭い・かゆみ・黒ずみを悪化させているかも?】アソコの臭い・かゆみ・黒ずみ対策に効果的な正しい洗い方を徹底解説!」について詳しく解説していきます。

ユニバース倶楽部
  1. 1.デリケートゾーン(陰部)の正しい洗い方とは?
    1. (1)指の腹で優しく洗う。
    2. (2)ボディソープ(石鹸)を手や泡立てネットでよく泡立てて洗う。
      1. 【注意点】ボディソープ(石鹸)の直接塗りはトラブルの原因になる!
      2. 【ポイント】デリケートゾーン専用のボディソープ(石鹸)を使用する!
    3. ■デリケートゾーン専用ボディソープ(石鹸)
      1. 【No.1】DEOSEEK(デオシーク)ボディソープ
        1. 【消臭・滅菌作用】
        2. 【制汗作用】
        3. 【肌への優しさ】
        4. 【価格/返金保証の有無】
        5. 【使用感】
        6. ■DEOSEEK(デオシーク)ボディソープがオススメなポイント
      2. 【No.2】CLEANEO Pearl(クリアネオパール)ボディソープ
        1. 【消臭・滅菌作用】
        2. 【制汗作用】
        3. 【肌への優しさ】
        4. 【価格/返金保証の有無】
        5. 【使用感】
      3. 【No.3】Ibiza イビサソープ
        1. 【消臭・滅菌作用】
        2. 【制汗作用】
        3. 【肌への優しさ】
        4. 【価格/返金保証の有無】
        5. 【使用感】
      4. 【ポイント】デリケートゾーン専用ボディソープ(石鹸)を使用しない場合は「ぬるま湯のみ」でOK!
    4. (3)しっかりと泡を洗い流す。
      1. 【ポイント】熱いお湯で洗わない!
      2. 【注意点】デリケートゾーン(陰部)をすすぐときに直接シャワーをあてない!
      3. 【ポイント】シャワーでの正しいすすぎ方
    5. (4)デリケートゾーン(陰部)の保湿をする。
  2. 2.デリケートゾーン(陰部)の洗う手順とは?
    1. ■アンダーヘア(陰毛)の洗い方
    2. 【注意点】膣の中は洗わない!
    3. ■どうしても膣の中を洗いたい場合は?
  3. 3.デリケートゾーン(陰部)を正しく洗うことで臭いやかゆみのなどの悩みを改善できるのか?
    1. (1)汚れや恥垢が溜まりやすいから!
    2. (2)蒸れ(ムレ)やすいから!
      1. ■デリケートゾーン(陰部)の蒸れを予防対策にアンダーヘア(陰毛)の脱毛・カットが効果的!
    3. (3)アポクリン汗腺が集中しているから!
      1. 【臭いの悩み】洗いすぎに注意すること!
        1. ■突然臭いがキツくなった場合は病院を受診する!
        2. ■デリケートゾーン(陰部)を正しく洗っても臭いが解消されない場合は「すそわきが(陰部のワキガ)」の可能性がある!
      2. 【かゆみの悩み】丁寧・保湿を心がけること!
      3. 【黒ずみの悩み】ゴシゴシ強く洗わないこと!
    4. ■デリケートゾーン専用クリーム
      1. 【No.1】CLEANEO(クリアネオ)
        1. 【消臭・滅菌作用】
        2. 【制汗作用】
        3. 【肌への優しさ】
        4. 【価格/返金保証の有無】
        5. 【使用感/口コミ評価】
      2. 【No.2】NOANDE(ノアンデ)
        1. 【消臭・滅菌作用】
        2. 【制汗作用】
        3. 【肌への優しさ】
        4. 【価格/返金保証の有無】
        5. 【使用感/口コミ評価】
      3. 【No.3】Lapomine(ラポマイン)
        1. 【消臭・滅菌作用】
        2. 【制汗作用】
        3. 【肌への優しさ】
        4. 【価格/返金保証の有無】
        5. 【使用感/口コミ評価】
  4. 4.デリケートゾーン(陰部)の洗い方で「よくある疑問」を解決!
    1. (1)生理中・妊娠中も同じ洗い方で大丈夫なの?
    2. (2)赤ちゃんや子供のデリケートゾーン(陰部)の洗い方も一緒で大丈夫なの?
      1. ■子供にデリケートゾーン(陰部)の洗い方を教える場合のポイント!
    3. (3)デリケートゾーン(陰部)の正しい洗い方は男女共通なの?
  5. 5.デリケートゾーン(陰部)の正しい洗い方を覚えて継続することが大切!
  6. 6.「【デリケートゾーン(陰部)の洗い過ぎは臭い・かゆみ・黒ずみを悪化させているかも?】アソコの臭い・かゆみ・黒ずみ対策に効果的な正しい洗い方を徹底解説!」まとめ

1.デリケートゾーン(陰部)の正しい洗い方とは?

デリケートゾーン(陰部)の正しい洗い方について確認していきましょう。

デリケートゾーン(陰部)の正しい洗い方のポイントや注意点も併せて解説していきます。

■デリケートゾーンの正しい洗い方
(1)指の腹で優しく洗う。
(2)ボディソープ(石鹸)を手や泡立てネットでよく泡立てて洗う。
(3)しっかりと泡を洗い流す。
(4)デリケートゾーン(陰部)の保湿をする。

(1)指の腹で優しく洗う。

デリケートゾーン(陰部)は、敏感な部分なので、指の腹を使って優しく洗うようにしましょう。

デリケートゾーン(陰部)をゴシゴシと強く洗ってしまうと、肌の負担となり、かゆみや黒ずみといった肌トラブルを引き起こす恐れがあります。

また、デリケートゾーン(陰部)を洗うときは、ナイロンタオルや硬いスポンジを使用すると、皮膚を傷つけてしまう可能性があります。

デリケートゾーン(陰部)を洗うときは、絹やコットンなどの柔らかい素材を選び使用することで、肌の負担を抑えることができます。

しかし、基本的に、デリケートゾーン(陰部)を洗うときは、絹やコットンなどの柔らかい素材を使用を控えて、指の腹で優しく洗うことが一番です。

(2)ボディソープ(石鹸)を手や泡立てネットでよく泡立てて洗う。

デリケートゾーン(陰部)の細かな部分に溜まった汚れは、なかなかキレイに洗い落とすことができません。

手や泡立てネットを使用して、よく泡立てたボディソープ(石鹸)で洗うことで、肌への負担を軽減して、汚れを絡め取ります。

【注意点】ボディソープ(石鹸)の直接塗りはトラブルの原因になる!

ボディソープ(石鹸)を直接デリケートゾーン(陰部)に塗ることは、控えるようにしましょう。

特にジェルタイプや、液体であるボディソープ(石鹸)の場合は、デリケートゾーン(陰部)に直接塗ってしまうと、洗浄成分の濃度が高くなり、肌トラブルを引き起こす恐れがあります。

また、ボディソープ(石鹸)が毛穴に詰まり、キレイに洗い流せないケースも起こります。

ボディソープ(石鹸)の毛穴詰まりは、返ってデリケートゾーン(陰部)が炎症を起こす原因となるので、よく泡立ててからデリケートゾーン(陰部)に使用するようにしましょう。

【ポイント】デリケートゾーン専用のボディソープ(石鹸)を使用する!

デリケートゾーン(陰部)を洗うボディソープ(石鹸)は、デリケートゾーン専用のボディソープ(石鹸)を使用するとより効果的です。

普通のボディソープ(石鹸)は、デリケートゾーン(陰部)への刺激が強すぎるので、返ってデリケートゾーン(陰部)の肌トラブルを感じやすくなります。

デリケートゾーン専用のボディソープ(石鹸)を使用したとしても、敏感肌の人は、デリケートゾーン専用のボディソープ(石鹸)でもヒリヒリとした刺激を感じる場合があります。

少しでも刺激を抑えるため、肌に優しい天然成分で作られたデリケートゾーン専用のボディソープ(石鹸)を選ぶようにしましょう。

デリケートゾーン専用ボディソープ(石鹸)の中でも、特に人気の3商品を紹介します。

■デリケートゾーン専用ボディソープ(石鹸)

【No.1】DEOSEEK(デオシーク)ボディソープ

加齢臭

ボディソープ名DEOSEEK(デオシーク)ボディソープ
会社名株式会社キーリー
通常価格5,378円(税込)
初回価格2,678円(税込)
定期価格2,678円(税込)
通常価格で3ヶ月間を使用した場合の合計金額16,134円(税込)
定期購入コースで3ヶ月間を使用した場合の合計金額8,034円(税込)
返金保証(定期購入)なし
送料(定期購入)無料
定期購入の回数縛り回数縛りなし

>>>さっそく、公式サイト【デオシークボディソープ】で確認する!

DEOSEEK(デオシーク)ボディソープには、臭いを抑える成分がしっかり配合されています。

また、DEOSEEK(デオシーク)ボディソープには、保湿成分や消臭成分も入っているので、洗い終わった後にも、臭いを予防してくれる成分が含まれています。

さらに、DEOSEEK(デオシーク)ボディソープは、臭い対策に役立つボディソープや石鹸の中で、厚生労働省にも効果が認められています。

【消臭・滅菌作用】

DEOSEEK(デオシーク)ボディソープには、有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」と「イソプロピルメチルフェノール」が含まれているので、殺菌効果があり、体臭・汚臭やニキビを防ぐ働きがあります。

また、DEOSEEK(デオシーク)ボディソープには、柿タンニン(柿渋)も配合されているので抑臭効果もあります。

【制汗作用】

DEOSEEK(デオシーク)ボディソープには、臭い対策に必要な制汗作用・消臭作用・保湿力もあランキング 、厚生労働省にも効果が認められています。

【肌への優しさ】

DEOSEEK(デオシーク)ボディソープは、植物天然エキスで肌の保湿や、デオドラント効果とスキンケアの両方を実現した商品です。

【価格/返金保証の有無】

DEOSEEK(デオシーク)ボディソープは、定期購入コース1回目から解約が可能です。

定期購入コースを1回で解約すれば、通常価格より1,700円(税込)安く購入できます。

継続するかわからないという方でも定期購入コースがお得です。

ただし、定期購入コースの解約方法は、次の配達予定日の10日前までに解約の連絡を電話または問い合わせフォームからする必要があります。

解約するタイミングを忘れないようにすることが大切です。

DEOSEEK(デオシーク)ボディソープには、返金保証が付いていません。

返金保証が付いているのは、DEOSEEK(デオシーク)クリームのみなので注意が必要です。

【使用感】

DEOSEEK(デオシーク)ボディソープは、モチモチの泡で肌に優しくスッキリ洗浄できて、保湿成分たっぷりで乾燥肌にも効果的です。

さらに、DEOSEEK(デオシーク)ボディソープは、デリケートゾーンだけではなくて、全身にも使えます。

■DEOSEEK(デオシーク)ボディソープがオススメなポイント

DEOSEEK(デオシーク)ボディソープには、すそわきが臭の原因菌であるコリネバクテリウム属の菌に対する強い殺菌成分が配合されています。

そのため、DEOSEEK(デオシーク)ボディソープは、通常のボディソープでは落ちないすそわきがの臭いにもしっかり対応しています。

DEOSEEK(デオシーク)ボディソープは、厚生労働省に認定された医薬部外品であることも安心して使用できるポイントです。

DEOSEEK(デオシーク)ボディソープは、価格の面でも、有効成分が似ているCLEANEO Pearl(クリアネオパール)ボディソープと比べて、送料がサービスされているので、DEOSEEK(デオシーク)ボディソープの方がコスパ(コストパフォーマンス)が良いと言えるからです。

DEOSEEK(デオシーク)ボディソープは、通常価格より割安で定期購入コースを選んでも解約が自由にできるので、まず1本試してみたいという人でも定期購入コースがオススメです。

DEOSEEK(デオシーク)ボディソープは、ボディソープ以外にも、DEOSEEK(デオシーク)のクリームやサプリメントなどのシリーズがあります。

体の外側と内側から徹底的に臭い対策をしたい人はセットでの使用するのもオススメです。

【No.2】CLEANEO Pearl(クリアネオパール)ボディソープ

洗うたびニオイゼロ

ボディソープ(石鹸)名CLEANEO Pearl(クリアネオパール)ボディソープ
会社名株式会社ソーシャルテック
通常価格3,480円(税込)
初回価格2,980円(税込)
定期価格2,980円(税込)
通常価格で3ヶ月間を使用した場合の合計金額10,440円(税込)
定期購入コースで3ヶ月間を使用した場合の合計金額8,940円(税込)
返金保証(定期購入)永久全額返金保証
送料(定期購入)有料
定期購入の回数縛り回数縛りなし

>>>さっそく、公式サイト【CLEANEO Pearl(クリアネオパール)】で詳細を確認する!

CLEANEO Pearl(クリアネオパール)は、株式会社ソーシャルテックという会社で、すそわきが(デリケートゾーン)の臭い解消のクリームも販売しています。

CLEANEO Pearl(クリアネオパール)に含まれている消臭成分の柿タンニンは、デリケートゾーンの代表的な臭いタイプである「アンモニア」「玉ねぎ臭」「魚臭」を90%以上も消臭できるというデータもあります。

また、CLEANEO Pearl(クリアネオパール)には、保湿成分とプラセンタエキスによって、メラニンの生成を抑制するので、気になる黒ずみのケアにも効果的です。

【消臭・滅菌作用】

CLEANEO Pearl(クリアネオパール)ボディソープには、すそわきが臭の原因となるコリネバクテリウムを殺菌するO-シメン-5-オールが配合されています。

CLEANEO Pearl(クリアネオパール)ボディソープには、加齢臭や皮脂臭なども抑えられる柿タンニン(柿渋)が配合されています。

CLEANEO Pearl(クリアネオパール)ボディソープは、消臭・保湿・抗菌など効果が期待できるクマザサエキス、チャ葉エキス、プラセンタエキス、ハトムギ種子エキス、チャカテキン、セイヨウハッカ葉エキス、ビルベリー葉エキス、ローズマリー葉エキス、ラベンダー花エキス、セージ葉エキスなど、様々なエキスが配合されています。

【制汗作用】

なし

【肌への優しさ】

CLEANEO Pearl(クリアネオパール)ボディソープは、無添加で保湿成分が多く、低刺激性で肌に優しいです。

【価格/返金保証の有無】

CLEANEO Pearl(クリアネオパール)ボディソープは、定期購入コース1回目から解約が可能です。

定期購入コースを1回で解約すれば、通常価格より500円(税込)安く購入できます。

継続するかわからないという方でも定期購入コースがお得です。

ただし、定期購入コースの解約方法は、次の配達予定日の10日前までに解約の連絡を電話または問い合わせフォームからする必要があります。

解約するタイミングを忘れないようにすることが大切です。

【使用感】

CLEANEO Pearl(クリアネオパール)ボディソープは、泡立てネットにつけて揉みこむとすぐに泡立ちます。

CLEANEO Pearl(クリアネオパール)ボディソープの香りは、よくある普通のボディソープのような香りで、これといった特徴のない感じなので、洗い流すとほぼ無臭になるので他のにおいと混ることはありません。

CLEANEO Pearl(クリアネオパール)ボディソープは、デリケートゾーンを泡で少しパックするイメージをしてから流すと、より効果が高まります。

【No.3】Ibiza イビサソープ



ボディソープ(石鹸)名Ibiza イビサソープ
会社名株式会社ファイブテイルズ
通常価格6,264円(税込)
初回価格4,287円(税込)
定期価格4,287円(税込)
通常価格で3ヶ月間を使用した場合の合計金額18,792円(税込)
定期購入コースで3ヶ月間を使用した場合の合計金額12,861円(税込)
返金保証(定期購入)なし
送料(定期購入)有料
定期購入の回数縛り2回の受け取りが必要条件

>>>さっそく、公式サイト【イビサソープ】で詳細を確認する!

イビサソープは、5000人以上のVIO脱毛を扱った実績のある脱毛サロン「Ibiza wax(イビサワックス)」が、女性の悩みに寄り添って開発したボディソープです。

イビサソープは、メディアにも多数掲載実績があり、女性の間で注目度の高いボディソープです。

【消臭・滅菌作用】

イビサソープは、殺菌作用と抗菌作用があります。

すそわきがの臭いの元になる雑菌の繁殖や、発生を抑える有効成分イソプロピルメチルフェノールが配合されています。

イビサソープには、抗菌作用・清浄作用・エイジングケアができるオウバクエキス配合されています。

さらに、消臭・殺菌作用のあるチャエキスなどの天然植物成分(ジャムウ)を配合されています。

【制汗作用】

なし

【肌への優しさ】

イビサソープは、甘草の根に含まれている肌の炎症を抑える有効成分グリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。

イビサソープには、整肌作用・消炎・肌荒れ予防などの成分を含んでいるジャムウが4つ配合されています。

さらに、イビサソープには、ビタミン成分が5つ配合されています。

また、イビサソープには、合成香料・着色料・鉱物油・パラベン・界面活性剤を含まれていない無添加処方です。

【価格/返金保証の有無】

イビサソープの定期購入コースは、継続縛りが2回あるので、3回目から解約が可能です。

定期購入コースで購入する場合は、2回受け取りで解約すれば、通常価格より3,954円(税込)安く購入できます。

試しに通常価格で購入すると、イビサソープ6,264円(税込)に別途【送料360円(税込)+手数料150円(税込)】が合わせて6,774円(税込)がかかります。

定期購入コース2回分の価格が8,574円(税込)になるので、通常価格2回分と比較すると4,749円(税込)も金額に差が現れてしまいます。

他のデリケートゾーン対策専用ボディソープより値段が少し高い理由は、それだけイビザソープへの品質と効果にこだわって作られている証拠ともいえます。

継続するかわからないという方でも定期購入コースで2回試した方が効果を実感するにもお得です。

ただし、定期購入コースの解約方法は、次の配達予定日の7日前までに解約の連絡を電話でする必要があります。

解約するタイミングを忘れないようにすることが大切です。

さらに、イビサソープとイビサデオドラントセットの集中ケアコースという定期購入コースなら、28日間の返金保証が付いています。

【使用感】

イビサソープは、泡タイプのボトルで、1日3回のプッシュで使用した場合、40日間使用可能です。

イビサソープの香りは、ラベンダー油やベルガモット果実油、ローズマリー葉油などの天然精油をブレンドされていて、リラックス効果が期待できる香りです。

【ポイント】デリケートゾーン専用ボディソープ(石鹸)を使用しない場合は「ぬるま湯のみ」でOK!

デリケートゾーン(陰部)は、特に刺激を受けやすい部分になるので、なるべく肌に負担をかけずに、清潔を保つことが大切です。

そのため、デリケートゾーン専用ボディソープ(石鹸)を使用しない場合や、デリケートゾーン専用ボディソープ(石鹸)でも肌にしみたり、ヒリヒリとした刺激を感じる人は、ぬるま湯のみでしっかり洗うようにしましょう。

(3)しっかりと泡を洗い流す。

デリケートゾーン(陰部)を丁寧に洗った後は、すすぎ残しがないように、しっかりと泡を洗い流す必要があります。

ボディソープ(石鹸)が残ったままの状態では、デリケートゾーン(陰部)が刺激を受け続けてしまいます。

また、ボディソープ(石鹸)の成分と、下り物(おりもの)や経血などの分泌物が混ざり合うことで、嫌な臭いトラブルを悪化させてしまう可能性があります。

デリケートゾーン(陰部)の洗浄後は、デリケートゾーン(陰部)に泡が残らないようにしっかり洗い流しましょう。

【ポイント】熱いお湯で洗わない!

デリケートゾーン(陰部)の泡を流すときは、熱いお湯を使わないようにするのがポイントです。

熱いお湯は、デリケートゾーン(陰部)の刺激となる上に、肌の乾燥を引き起こします。

肌の乾燥は、かゆみや臭い、黒ずみの肌トラブルにつながります。

そのため、デリケートゾーン(陰部)を洗い流すときのお湯の温度は、40度以下にしましょう。

デリケートゾーン(陰部)の泡を流すときのオススメの温度は、36~38度くらいのぬるま湯が良いでしょう。

【注意点】デリケートゾーン(陰部)をすすぐときに直接シャワーをあてない!

デリケートゾーン(陰部)に直接シャワーをあてないように注意が必要です。

シャワーの水圧が刺激となり、デリケートゾーン(陰部)の黒ずみの肌トラブルを引き起こす恐れがあります。

シャワーの水圧が強い場合は、水が膣内まで入ってしまい、膣の環境を崩してしまう可能性があります。

膣の中のバランスが乱れると、臭いやかゆみを悪化させてしまうので、デリケートゾーン(陰部)にシャワーを直接あてないよう注意が必要です。

【ポイント】シャワーでの正しいすすぎ方

シャワーを下腹部あたりにあてて、流れ落ちてきた水でデリケートゾーン(陰部)をすすぐようにすると良いでしょう。

落ちてきた水を片手に溜めて、肌にボディソープ(石鹸)が残らないように、しっかりと洗い流すようにしましょう。

(4)デリケートゾーン(陰部)の保湿をする。

デリケートゾーン(陰部)が洗い終わった後は、デリケートゾーン(陰部)の保湿をしっかりおこないましょう。

顔と同様にデリケートゾーン(陰部)も肌が乾燥しやすい状態になっているので、肌にうるおいを与えて、事前にかゆみや臭いのトラブルを起こさないように対策することが大切です。

2.デリケートゾーン(陰部)の洗う手順とは?

デリケートゾーン(陰部)の洗う手順を確認していきましょう。

デリケートゾーン(陰部)は、前から順に洗っていくことが基本です。

■デリケートゾーンを洗う手順
(1)アンダーヘア(陰毛)を洗います。
(2)陰唇の内側にある性器部分を傷つけないように優しく洗います。
(3)性器周りの陰唇部分は細かな汚れが溜まりやすい部分になるので、指の腹を使って丁寧に洗います。
(4)肛門部分を洗います。

デリケートゾーン(陰部)を後ろから洗ってしまうと、便や雑菌、汚れが膣のなかに入ってしまう恐れがあります。

そのため、「前から後ろ」の順番をしっかり守って、デリケートゾーン(陰部)を洗うことが大切です。

■アンダーヘア(陰毛)の洗い方

アンダーヘア(陰毛)の洗い方は、地肌部分をマッサージするように洗いましょう。

アンダーヘア(陰毛)は、汚れや分泌物が付着して、臭いやかゆみの原因になりやすい部分です。

アンダーヘア(陰毛)の毛に逆らって指を動かしたときに、抜けてしまう毛は、あらかじめ取り除くようにしておきましょう。

【注意点】膣の中は洗わない!

膣の中は、膣の自浄作用が弱まるので、洗うことを控えましょう。

自浄作用とは、膣が本来もっているデリケートゾーン(陰部)の環境を清潔に保つ機能です。

膣の自浄作用が弱まることで、病原体の侵入や雑菌の繁殖を抑えられなくなります。

膣の自浄作用が弱まると、カンジダなどの炎症を引き起こしたり、雑菌の増殖でかゆみや臭いを悪化させる恐れがあります。

■どうしても膣の中を洗いたい場合は?

膣の中を洗いたい場合は、専用の膣内洗浄剤を使うようにしましょう。

膣の中をボディソープ(石鹸)で洗ってしまうと、自浄作用の働きを持つ、必要な常在菌まで弱めてしまいます。

また、膣の中をぬるま湯だけで洗う場合は、膣の中にある汚れや雑菌を洗い流せずに、返って膣内の環境を崩すことになるのでやめましょう。

3.デリケートゾーン(陰部)を正しく洗うことで臭いやかゆみのなどの悩みを改善できるのか?

デリケートゾーン(陰部)の正しい洗い方で、「本当にデリケートゾーン(陰部)の悩みが改善するのか?」について確認していきましょう。

また、デリケートゾーン(陰部)の悩み別の洗い方で注意するポイントについても解説していきます。

■デリケートゾーン(陰部)のケアが難しい3つの理由
(1)汚れや恥垢が溜まりやすいから!
(2)蒸れ(ムレ)やすいから!
(3)アポクリン汗腺が集中しているから!

(1)汚れや恥垢が溜まりやすいから!

デリケートゾーン(陰部)は構造上、汚れが溜まりやすい部分です。

特に女性の場合は、デリケートゾーン(陰部)が複雑に入り組んでいる構造になるので、恥垢(ちこう)と呼ばれる垢が溜まりやすく、臭いやかゆみといった肌トラブルを引き起こしやす部分です。

また、デリケートゾーン(陰部)の恥垢を取り除こうとして、洗いすぎてしまうと、逆に乾燥や黒ずみのトラブルを引き起こす恐れがあります。

(2)蒸れ(ムレ)やすいから!

デリケートゾーン(陰部)は、衣類による締め付けや、ナプキンにより、蒸れ(ムレ)やすい部分です。

デリケートゾーン(陰部)が蒸れ(ムレ)た環境では、雑菌が繁殖しやすく、不衛生になりがちです。

特に、生理中や下り物(おりもの)が多い日は、蒸れ(ムレ)の不快感が強くなります。

■デリケートゾーン(陰部)の蒸れを予防対策にアンダーヘア(陰毛)の脱毛・カットが効果的!

デリケートゾーン(陰部)の蒸れ(ムレ)が気になる場合は、アンダーヘア(陰毛)を手入れするのが実はオススメです。

アンダーヘア(陰毛)を短くカットしたり、脱毛することで、デリケートゾーン(陰部)の蒸れ(ムレ)対策ができます。

また、アンダーヘア(陰毛)の脱毛・カットすることで、雑菌の栄養になる汚れや分泌物がアンダーヘア(陰毛)に付着したままにならないというメリットがあります。

(3)アポクリン汗腺が集中しているから!

デリケートゾーン(陰部)の大陰唇あたりには、臭いのある汗を分泌するアポクリン汗腺が集中しています。

デリケートゾーン(陰部)は蒸れやすいため、汗とあいまって臭いがきつくなりがちになるというわけです。

つぎに、デリケートゾーン(陰部)の悩み別の洗い方で注意するポイントについて解説していきます。

■デリケートゾーン(陰部)の悩み別の洗い方で注意するポイント
【臭いの悩み】洗いすぎに注意すること!
【かゆみの悩み】丁寧・保湿を心がけること!
【黒ずみの悩み】ゴシゴシ強く洗わないこと!

【臭いの悩み】洗いすぎに注意すること!

デリケートゾーン(陰部)の洗い過ぎは、臭いを強めてしまう恐れがあります。

デリケートゾーン(陰部)の洗い過ぎによって、必要な細菌まで弱めてしまい、臭いの原因になる雑菌を繁殖させてしまいます。

また、アルカリ性で洗浄力が強い一般的なボディソープ(石鹸)は、膣の自浄作用を弱めてしまいます。

殺菌作用が高い洗顔フォームや手洗いソープは、たとえ弱酸性の商品であっても、常在菌まで弱めてしまうので、使用を控えると良いでしょう。

■突然臭いがキツくなった場合は病院を受診する!

突然、臭いがキツくなったり、下り物(おりもの)の感じが変わった場合は、病気の可能性があります。

デリケートゾーン(陰部)の病気になる原因は、性行為(セックス)に限らず、ストレスや疲労による免疫力の低下によっても引き起こります。

デリケートゾーン(陰部)の炎症や感染症は、自力でのケアが難しいので、すぐに病院に行きましょう。

デリケートゾーン(陰部)の病気で受診科は、「婦人科・産婦人科」「泌尿器科」「皮膚科・性病科」のいずれかになります。

■デリケートゾーン(陰部)を正しく洗っても臭いが解消されない場合は「すそわきが(陰部のワキガ)」の可能性がある!

デリケートゾーン(陰部)を正しく洗っていても、すぐに臭いが気になる場合は、すそわきが(陰部のワキガ)の可能性があります。

すそわきがの人は、アポクリン汗腺が多く、臭いやすい体質です。

すそわきが専用のデオドラント商品で対策できますが、治したい場合は病院での治療が必要です。

しかし、すそわきが(陰部のワキガ)の治療は、大前提として保険診療が適用されません。

ワキガ治療の場合は、医師の判断で保険適用となるケースがあります。

一方で、すそわきがの治療は「美容目的扱い」となるので、保険が適用されることがまずないと考えておいた方がよいでしょう。

すそわきがの治療には、費用が全額自己負担となるので、すそわきがの治療法によっては高額になります。

【かゆみの悩み】丁寧・保湿を心がけること!

デリケートゾーン(陰部)のかゆみは、恥垢が溜まっていたり、肌の乾燥が原因です。

また、デリケートゾーン(陰部)の肌が刺激を受けると、かゆみを感じやすくなります。

恥垢の洗い残しがないように、指の腹で優しく丁寧に洗いましょう。

デリケートゾーン(陰部)を洗った後は、必ず乾燥しないように、忘れず保湿するようにしましょう。

【黒ずみの悩み】ゴシゴシ強く洗わないこと!

デリケートゾーン(陰部)の黒ずみは、皮膚が刺激を受けて、メラニン細胞が活性化されるのが原因です。

デリケートゾーン(陰部)の肌に刺激を与えないよう、ゴシゴシ洗うことは避けましょう。

また、古い角質を落とすピーリング効果のあるボディソープ(石鹸)は、肌の修復(ターンオーバー)を促進するため、黒ずみをケアすることができます。

しかし、ピーリング成分は、刺激が強いので、性器周辺への使用は控える方が良いでしょう。

デリケートゾーン(陰部)の黒ずみのケアには、デリケートゾーン専用のクリームを使用することがオススメです。

デリケートゾーン(陰部)の臭い・かゆみ・黒ずみのケア対策にオススメのデリケートゾーン専用クリームの中でも、人気の3種類を紹介しておきます。

■デリケートゾーン専用クリーム

【No.1】CLEANEO(クリアネオ)

クリアネオ

クリーム名CLEANEO(クリアネオ)
会社名株式会社ソーシャルテック
分類医薬部外品
有効成分無添加、7種類の天然植物由来エキス配合
安全性第三者機関で安全性実証済み
通常価格5,980円(税込)
初回価格4,980円(税込)
定期価格4,980円(税込)
通常価格で3ヶ月間を使用した場合の合計金額17,940円(税込)
定期購入コースで3ヶ月間を使用した場合の合計金額14,940円(税込)
返金保証(定期購入)永久全額返金保証
送料(定期購入)無料
定期購入の回数縛り回数縛りなし
発送方法商品名の記載がない「無地梱包」

>>>さっそく、公式サイト【CLEANEO(クリアネオ)】で詳細を確認する!

CLEANEO(クリアネオ)は、ワキガの人が1番欲しい臭いケア商品第1位にも選ばれ、利用者の97%がリピーターになっている人気商品です。

【消臭・滅菌作用】

CLEANEO(クリアネオ)は、有効成分のイソプロピルメチルフェノール(シメン-5-オール)が配合されていて、第三者機関に殺菌・抑臭力が99.999%あると証明されています。

また、CLEANEO(クリアネオ)には、体臭予防効果のある柿渋エキスと抗菌、抗酸化効果があるシャクヤクエキスも配合されています。

【制汗作用】

CLEANEO(クリアネオ)は、有効成分のパラフェノールスルホン酸亜鉛が配合されていて、肌の収斂作用による制汗作用は抜群の効果が期待できます。

同じく収斂作用効果のあるセージエキス、シャクヤクエキスも配合されています。

【肌への優しさ】

CLEANEO(クリアネオ)は、着色料・鉱物油・石油系界面活性剤・シリコン・動物性由来原料・パラベンを含まない無添加製法で作られています。

CLEANEO(クリアネオ)には、整肌効果のあるシャクヤク・ドクダミ・甘茶・ユキノシタ・セージ・海藻エキスなどの天然植物エキスを配合しされています。

CLEANEO(クリアネオ)のパッチテストでも、敏感・乾燥、アレルギーなどの症状は認められていませんでした。

【価格/返金保証の有無】

CLEANEO(クリアネオ)は、定期購入コース1回目から解約が可能です。

定期購入コースを1回で解約すれば、通常価格より1,000円(税込)安く購入できます。

継続するかわからないという方でも定期購入コースがお得です。

ただし、定期購入コースの解約方法は、次の配達予定日の10日前までに解約の連絡をする必要があります。

解約するタイミングを忘れないようにすることが大切です。

CLEANEO(クリアネオ)の定期購入コースを申し込むと、初回特典として衣類についてしまった臭いに作用する衣類消臭スプレーが付いてきます。

【使用感/口コミ評価】

CLEANEO(クリアネオ)は、クリームのテクスチャーは固めですが伸びもよくて、肌にしっかり密着します。

CLEANEO(クリアネオ)は、無香料ではあるのですが、少し薬品っぽい匂いがします。

CLEANEO(クリアネオ)は、男女ともに使いやすいデザインで、パッケージに「デオドラント商品」の記載がないので、人目も気にせず持ち歩くことができます。

【No.2】NOANDE(ノアンデ)

NOANDE【ノアンデ】

クリーム名NOANDE(ノアンデ)
会社名株式会社スタジオライン
分類医薬部外品
有効成分無添加、7種類の天然植物由来エキス配合
安全性自社で200名のパッチテスト済み
通常価格10,584円(税込)
初回価格5,356円(税込)
定期価格5,356円(税込)
通常価格で3ヶ月間を使用した場合の合計金額31,752円(税込)
定期購入コースで3ヶ月間を使用した場合の合計金額16,068円(税込)
返金保証(定期購入)無期限の全額永久返金保証
送料(定期購入)無料
定期購入の回数縛り回数縛りなし
発送方法商品名の記載がない「無地梱包」

>>>さっそく、公式サイト【NOANDE(ノアンデ)】で詳細を確認する!

NOANDE(ノアンデ)は、「持続性・優しさ・使用感」に徹底してこだわり、328もの試作品を経て製造された商品です。

NOANDE(ノアンデ)は、現在までに40万本以上売れていて、お客様の満足度も97%と高く評価されている商品です。

【消臭・滅菌作用】

NOANDE(ノアンデ)は、有効成分のイソプロピルメチルフェノール(シメン-5-オール)が配合されていて、ワキガの原因菌(阻止円内)の殺菌率は100%です。

さらに、NOANDE(ノアンデ)には、体臭予防効果のある柿タンニン(柿渋)、皮脂分泌を調整するワレモコウ、抗菌・抗酸化効果があるシャクヤクエキス、抗菌・消臭効果のある緑茶エキスなど、透臭効果のある成分を7種類含んでいます。

【制汗作用】

NOANDE(ノアンデ)は、収斂作用のある有効成分のパラフェノールスルホン酸亜鉛を含んでいます。

NOANDE(ノアンデ)には、同じく収斂作用効果のあるシャクヤクエキス、ワレモコウエキスも配合されています。

【肌への優しさ】

NOANDE(ノアンデ)は、香料・着色料・鉱物油・パラベン・石油系界面活性剤・タール系色素・紫外線吸収剤・動物性原料は不使用の無添加製法で作られています。

NOANDE(ノアンデ)は、200名で行ったパッチテストをクリアしています。

NOANDE(ノアンデ)には、整肌効果のあるアルニカエキス・ローズマリーエキス・セイヨウキダチエキス・ヨクイニンエキス・スターフルーツ葉エキス・セイヨウトチノキ種子(マロニエエキス)・ヒメフロウエキス・プラセンタエキス・ブドウ葉エキスなどの植物成分が配合されています。

【価格/返金保証の有無】

NOANDE(ノアンデ)は、通常価格をみると、値段は比較的高めです。

NOANDE(ノアンデ)も、継続回数の縛りはないので、CLEANEO(クリアネオ)と同様に、まずは定期購入コースで購入して、肌に合わなければ次回発送10日前に解約する方法で良いでしょう。

NOANDE(ノアンデ)の場合は、解約の連絡がネットからでもできます。

【使用感/口コミ評価】

NOANDE(ノアンデ)は、化粧品のようなボトルで、容器が細くコンパクトなので携帯して持ち歩きしやすです。

NOANDE(ノアンデ)は、伸びもよく、少しスースーする爽やかな付け心地良いです。

【No.3】Lapomine(ラポマイン)

Lapomine

クリーム名Lapomine(ラポマイン)
会社名株式会社ハーバーリンクスジャパン
分類医薬部外品
有効成分無添加、21種の保湿成分(植物エキス)配合
安全性国内工場で品質管理・検査を実施
通常価格9,245円(税込)
初回価格3,078円(税込)
定期価格6,156円(税込)
通常価格で3ヶ月間を使用した場合の合計金額27,735円(税込)
定期購入コースで3ヶ月間を使用した場合の合計金額15,390円(税込)
返金保証(定期購入)永久全額返金保証
送料(定期購入)無料
定期購入の回数縛り3回の受け取りが必要条件
発送方法商品名の記載がない「無地梱包」

>>>さっそく、公式サイト女性のためのわきが専用デオドラント【ラポマイン】で詳細を確認する!

Lapomine(ラポマイン)は、現在までに約12万本を売り上げているヒット商品です。

Lapomine(ラポマイン)の使用者アンケートでは83%が「においの煩わしさがなくなった!」と回答していて、リピート率も95.6%との支持されている商品です。

【消臭・滅菌作用】

Lapomine(ラポマイン)は、有効成分のイソプロピルメチルフェノール(シメン-5-オール)が配合されていて、第三者機関による調査で「除菌率が99.99%」と証明されています。

Lapomine(ラポマイン)には、他にも体臭予防効果のある柿タンニン(柿渋)が含まれています。

【制汗作用】

Lapomine(ラポマイン)には、肌の収斂作用のあるパラフェノールスルホン酸亜鉛が配合されています。

【肌への優しさ】

Lapomine(ラポマイン)は、シナノギ・オウバク・オトギリソウ・ローマカモミラ_カミツレ・ヤグルマギク・トウキンセンカなど、7種類の天然植物エキス成分配合されていて、肌の表面はサラサラでありながら、しっかり保湿もできます。

【価格/返金保証の有無】

Lapomine(ラポマイン)の価格は、比較的高めの設定となっています。

Lapomine(ラポマイン)は、継続して3回商品を受け取る必要があります。

定期購入コースの場合は、肌に合わなければ返金保証を受けることができます。

返金保証を受ける時は、必ず事前に電話に連絡する必要があります。

【使用感/口コミ評価】

Lapomine(ラポマイン)の見た目は、チューブタイプですが、プッシュタイプになっています。

テクスチャーは、サラサラでベタつきませんが、やや水っぽい印象があります。

4.デリケートゾーン(陰部)の洗い方で「よくある疑問」を解決!

デリケートゾーン(陰部)の洗い方で「よくある疑問」について解説していきます。

■デリケートゾーン(陰部)の洗い方で「よくある疑問」
(1)生理中・妊娠中も同じ洗い方で大丈夫なの?
(2)赤ちゃんや子供のデリケートゾーン(陰部)の洗い方も一緒で大丈夫なの?
(3)デリケートゾーン(陰部)の正しい洗い方は男女共通なの?

(1)生理中・妊娠中も同じ洗い方で大丈夫なの?

生理中・妊娠中のときも、基本的にデリケートゾーン(陰部)の洗い方は同じで問題ありません。

ただし、生理中・妊娠中は、デリケートゾーン(陰部)がいつもより敏感な状態です。

生理中・妊娠中は、普段よりも優しく洗うことを意識して洗いましょう。

妊娠中の場合は、ボディソープ(石鹸)の成分が赤ちゃんに影響しないか不安になる女性もいます。

デリケートゾーン専用ボディソープ(石鹸)の中には、「妊婦さんOK!」と表示されている商品があります。

赤ちゃん(胎児)への影響が不安なときは、妊婦さんでも安心して使えるデリケートゾーン専用ボディソープ(石鹸)を選ぶか、ぬるま湯のみで洗うようにすると良いでしょう。

(2)赤ちゃんや子供のデリケートゾーン(陰部)の洗い方も一緒で大丈夫なの?

赤ちゃんや子供のデリケートゾーン(陰部)は、ぬるま湯をたっぷり使って、優しく丁寧に洗うようにしましょう。

赤ちゃんや子供のデリケートゾーン(陰部)に汚れが残っていると、炎症や感染症を起こす恐れがあります。

1日に1回程度であれば、ボディソープ(石鹸)を使って洗っても、良い細菌まで弱めてしまう心配はありませんが、ぬるま湯で洗うと良いでしょう。

赤ちゃんや子供のデリケートゾーン(陰部)にボディソープ(石鹸)を使う場合は、デリケートゾーン専用で天然成分が配合された肌に優しいボディソープ(石鹸)を選んで使うようにすると良いでしょう。

■子供にデリケートゾーン(陰部)の洗い方を教える場合のポイント!

子供にデリケートゾーン(陰部)の洗い方を教える場合は、「前から後ろの順番」をしっかり教えてあげることが大切です。

また、子供は、デリケートゾーン(陰部)にかゆみがあると、ついポリポリとかいてしまう子供がほとんどなので、優しく丁寧に洗うことをしっかり教えていくことが大切です。

(3)デリケートゾーン(陰部)の正しい洗い方は男女共通なの?

デリケートゾーン(陰部)の正しい洗い方は、男女ともに同じです。

ただし、女性のデリケートゾーン(陰部)の方が複雑な構造をしているので、汚れが溜まりやすくなります。

男女ともに、デリケートゾーン(陰部)を洗うときは、優しく・丁寧にを心がけて洗うことが大切です。

また、「前から後ろ」という洗う順番を守ることで、雑菌が体内に入り込みづらくなります。

5.デリケートゾーン(陰部)の正しい洗い方を覚えて継続することが大切!

デリケートゾーン(陰部)は、「臭い・かゆみ・黒ずみ」の悩みを抱えやすく、さらにケアがしづらい部分です。

デリケートゾーン(陰部)の洗い方を間違えると、返って、「臭い・かゆみ・黒ずみ」といった悩みを悪化させてしまいます。

デリケートゾーン(陰部)の正しい洗い方には、順番があり、「前から後ろ」が基本です。

また、デリケートゾーン(陰部)のトラブルを起こさないためにも、ボディソープ(石鹸)選びやシャワーの水圧、お湯の温度設定には、十分に注意しましょう。

デリケートゾーン(陰部)を洗った後は、保湿も忘れないようにしましょう。

デリケートゾーン(陰部)の正しい洗い方をしていても、「臭い・かゆみ・黒ずみ」の悩みが改善されない場合は、病気やすそわきが(陰部のワキガ)の可能性があります。

自力でのケアが難しい場合は、すぐに病院を受診しましょう。

デリケートゾーン(陰部)の正しい洗い方をマスターすることで、デリケートゾーン(陰部)を清潔に保つことにつながりますので、ぜひ今日から改善していきましょう。

6.「【デリケートゾーン(陰部)の洗い過ぎは臭い・かゆみ・黒ずみを悪化させているかも?】アソコの臭い・かゆみ・黒ずみ対策に効果的な正しい洗い方を徹底解説!」まとめ

まとめ

「【デリケートゾーン(陰部)の洗い過ぎは臭い・かゆみ・黒ずみを悪化させているかも?】アソコの臭い・かゆみ・黒ずみ対策に効果的な正しい洗い方を徹底解説!」について解説してきました。

最後におさらいとして、「【デリケートゾーン(陰部)の洗い過ぎは臭い・かゆみ・黒ずみを悪化させているかも?】アソコの臭い・かゆみ・黒ずみ対策に効果的な正しい洗い方を徹底解説!」に要点をまとめてみます。

■デリケートゾーンの正しい洗い方
(1)指の腹で優しく洗う。
(2)ボディソープ(石鹸)を手や泡立てネットでよく泡立てて洗う。
(3)しっかりと泡を洗い流す。
(4)デリケートゾーン(陰部)の保湿をする。
■デリケートゾーンを洗う手順
(1)アンダーヘア(陰毛)を洗います。
(2)陰唇の内側にある性器部分を傷つけないように優しく洗います。
(3)性器周りの陰唇部分は細かな汚れが溜まりやすい部分になるので、指の腹を使って丁寧に洗います。
(4)肛門部分を洗います。
■デリケートゾーン(陰部)のケアが難しい3つの理由
(1)汚れや恥垢が溜まりやすいから!
(2)蒸れ(ムレ)やすいから!
(3)アポクリン汗腺が集中しているから!
■デリケートゾーン(陰部)の悩み別の洗い方で注意するポイント
【臭いの悩み】洗いすぎに注意すること!
【かゆみの悩み】丁寧・保湿を心がけること!
【黒ずみの悩み】ゴシゴシ強く洗わないこと!
■デリケートゾーン専用ボディソープ(石鹸)
【No.1】デオシークボディソープ
【No.2】CLEANEO Pearl(クリアネオパール)
【No.3】イビサソープ“”
■デリケートゾーン専用クリーム
【No.1】CLEANEO(クリアネオ)
【No.2】NOANDE(ノアンデ)
【No.3】女性のためのわきが専用デオドラント【ラポマイン】
■デリケートゾーン(陰部)の正しい洗い方を覚えて継続することが大切!

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント